記事詳細

サービス一覧
<2024年3月>日米株マーケットの注目ポイント
<2024年3月>日米株マーケットの注目ポイント

<2024年3月>日米株マーケットの注目ポイント

 

米国株:FOMCに向け強弱材料が交錯する月に

 

<3月:米国の主要スケジュール>

・3/1:ISM製造業景気指数
・3/5:スーパーチューズデー
・3/5:ISM非製造業景気指数
・3/8:米国雇用統計
・3/10:米国が夏時間(サマータイム)入り
・3/12:消費者物価指数(CPI)
・3/14:生産者物価指数(PPI)
・3/19:FOMC(連邦公開市場委員会)20日まで 
・3/21:政策金利発表、パウエルFRB議長会見、購買担当者景気指数(製造業および非製造業PMI)速報値
・3/29:米国株市場休場(グッドフライデー)、個人消費支出(PCE)

 

2月のNYダウは良好な企業決算の発表を受けて史上最高値の更新が続き、ナスダック総合指数も上昇、多くの機関投資家がベンチマークとするS&P500史上初の5,000ポイント台に乗せてきました。

 

3月のNYダウはインフレ鈍化に伴い、FRB(連邦準備理事会)リセッション(景気後退)を回避するために政策金利引き下げを、どのタイミングで実施してくるかが注目点となりそうです。重要経済指標労働需給統計予想を上回る底堅さを見せており、早期利下げ観測の後退も意識され、1月以来の開催となるFOMC(連邦公開市場委員会)のスタンスが注目されます。

 

昨年11月からNYダウは上昇を継続しているだけに、FOMCや重要経済指標の発表で波乱となる可能性も残されています。早期利下げ期待の後退米国経済のソフトランディング(好景気が最終段階を迎え調整に入ったとき、成長の速度を少しずつ低下させること)期待の強弱材料が交錯する中、好調な米企業決算が相場を下支えすることにもなるでしょう。

 

また、米国では5日に大統領予備選挙が集中する「スーパーチューズデー」が開催され、17日にはロシア大統領選挙の開票が予定されており、政治情勢が不確定要素としてマーケットに心理的な影響を与える可能性があります。同様に、中国の経済状況や中東など地政学リスクにも留意が必要です。

 

日本株:日銀金融政策決定会合が相場の分岐点となりそう

 

<3月:日本の主要スケジュール>

・3/18:日銀金融政策決定会合(19日まで)
・3/19:植田日銀総裁会見
・3/20:日本株市場休場(春分の日)
・3/22:全国消費者物価指数(CPI)
・3/25:日銀金融政策決定会合議事要旨(1月開催分)
・3/27:3月末権利付最終日
・3/28:3月末権利落ち日、日銀金融政策決定会合の「主な意見」(3月開催分)

 

2月の日経平均2カ月連続の大幅高となり、2月27日の取引時間中には3万9,426.29円まで上昇して、史上最高値を更新しました。日経平均への寄与度が高い半導体関連株ソフトバンクグループなどが買い進まれました。

 

3月の日経平均は高値警戒感短期的な相場の過熱感が意識されそうです。米国のFOMCとほぼ同時期に開催される日銀の金融政策決定会合での政策変更の可能性は低いとも見られていますが、4月以降の日銀の政策転換の可能性は残されています。そのため、19日の植田日銀総裁記者会見の内容に関心が高まるでしょう。仮に、マイナス金利解除に向かうようなコメントが出た場合には、株式市場にとっては一時的な逆風となりそうです。

 

一方、3月末の配当株式分割株主優待などの権利取りへの買いが相場を下支えしそうです。日銀の金融政策決定会合の結果を通過すると、相場の方向性が見え始めて、3月下旬は4月の新年度入り相場期待するムードを高めることに繋がりそうです。また、例年この時期は3月末の配当権利取り確保の動きが強まることから高配当銘柄に関心が向く可能性があります。

 
記事作成日:2024年2月27日

金融商品取引法に基づく表示事項

●本資料をお客様にご提供する金融商品取引業者名等
商号等:PayPay証券株式会社 https://www.paypay-sec.co.jp
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 2883号
加入協会:日本証券業協会
指定紛争解決機関:特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター

●リスク・手数料相当額等について
証券取引は、株価(価格)の変動等、為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化や、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために元本損失が生じることがあります。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、
「リスク・手数料相当額等(https://www.paypay-sec.co.jp/service/cost/cost.html)」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。

免責事項等
●本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とし、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断で行ってください。
●本資料は、信頼できると考えられる情報源に基づいて作成されたものですが、基にした情報や見解の正確性、完全性、適時性などを保証するものではありません。本資料に記載された内容は、資料作成日におけるものであり、予告なく変更する場合があります。
●本資料に基づき行った投資の結果、何らかの損害が発生した場合でも、理由の如何を問わず、PayPay証券株式会社は一切の責任を負いません。
●電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、無断で本資料の一部または全部の複製、転載、転送等は行わないでください。