記事詳細

サービス一覧
第7回エヌビディア|NVDA【話題の米国企業を深堀り】
第7回エヌビディア|NVDA【話題の米国企業を深堀り】

米国の超大型株マグニフィセントセブンの一角

  

エヌビディアは世界有数の米国の半導体メーカーです。半導体の中でも、画像処理半導体のGPU(グラフィックス・プロセッシング・ユニット)に特化している企業です。

 

1999年にパソコンゲーム市場向けにエヌビディアがGPUを発明して以降、基本設計が異なる「Turing」「Ampere」「Hopper」などを発表し、製品性能を向上させてきました。近年では、GPUによるディープラーニング人工知能(AI)開発の起爆剤にとなっています。また、パソコンのほかにも、ロボット、自動運転車などの中枢にも同社の製品が採用されています。

 

アップルアルファベットマイクロソフトアマゾン・ドットコム、メタ・プラットフォームズテスラエヌビディアを加えた7社は、株式市場ではマグニフィセントセブン(壮大な7銘柄)と呼ばれています。

 

生成AI用半導体で業績急伸  株価は1年で3

  

2023810月期(第3四半期)の決算は、売上高が約3倍の1812,000万ドル、純利益は前年同期比約14倍の924,300万ドルで、ともに過去最高となりました。

 

生成AI用半導体が同社の成長につながっており、株価1年で3に急伸しました。時価総額は、約12,400億ドル(約183兆円)にもなります(1123日時点)。AI開発向けの主力製品である画像処理半導体を使うデータセンター部門の売上高145億ドルと前年同期比279%に急増しました。また、パソコン部門も業界全体の減速から持ち直し、売上高は81%増286,000万ドルとなりました。

 

20231113日には、AI用先端半導体の性能強化を発表しており、アマゾンやアルファベット傘下のグーグルオラクルなどが2024年から採用する見通しとなっています。さらに、英半導体設計会社アーム・ホールディングスの技術を利用して、パソコン向けの半導体開発も進めています。

 

懸念材料は、米中問題?

  

このように、極めて順調な業容拡大が見込めるエヌビディアですが、先行きの不透明な材料もあります。

 

それは米国政府による高度なAI用半導体中国向け輸出規制です。これは、中国政府が軍事強化のために米国の最先端技術を入手するのを阻止することを目的としています。

 

エヌビディアでは、短期的に中国での減収分は他国の売り上げで十分補えるとしていますが、「競争上の地位は低下している」ことを認め、規制がさらに強化されれば「長期的には競争上の地位と業績がさらに低下する可能性がある」との見方を示しています。

 

対中輸出規制の対象となる半導体は過去数四半期にデータセンター事業の売上高の約25%を占めており、業績の痛手となりそうです。

 

さらに、同社のネットワーク事業が本社を置くイスラエルでも、イスラム組織「ハマス」との軍事衝突で、同国内の従業員の多くが召集されており、この状態が続けば人材不足が事業に影響する懸念が指摘されています。

 

先行きに不透明感が漂っているエヌビディアですが、近年、急速に需要が増加しているAI分野を担う中核企業であり、今後の動向に注目していくべきでしょう。

 

記事作成日:2023125

金融商品取引法に基づく表示事項

●本資料をお客様にご提供する金融商品取引業者名等
商号等:PayPay証券株式会社 https://www.paypay-sec.co.jp
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 2883号
加入協会:日本証券業協会
指定紛争解決機関:特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター

●リスク・手数料相当額等について
証券取引は、株価(価格)の変動等、為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化や、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために元本損失が生じることがあります。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、
「リスク・手数料相当額等(https://www.paypay-sec.co.jp/service/cost/cost.html)」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。

免責事項等
●本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とし、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断で行ってください。
●本資料は、信頼できると考えられる情報源に基づいて作成されたものですが、基にした情報や見解の正確性、完全性、適時性などを保証するものではありません。本資料に記載された内容は、資料作成日におけるものであり、予告なく変更する場合があります。
●本資料に基づき行った投資の結果、何らかの損害が発生した場合でも、理由の如何を問わず、PayPay証券株式会社は一切の責任を負いません。
●電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、無断で本資料の一部または全部の複製、転載、転送等は行わないでください。