記事詳細

サービス一覧
米国の金融引き締めは終了か?来年は計3回の利下げ予想
米国の金融引き締めは終了か?来年は計3回の利下げ予想

米国の金融引き締めは終了か?来年は計3回の利下げ予想

 

FRBの次の問題は利下げの時期

 

FRB(連邦準備理事会)121213日に開催していたFOMC(連邦公開市場委員会)政策金利5.255.50%で据え置きました。政策金利の据え置きはこれで3会合連続となります。また、同時に公表されたドットチャート(経済見通し)では、2024年に3回の利下げを予想しました。

  

FRBインフレ抑制のため、20223月から11回にわたって利上げを実施してきましたが、これで歴史的な金融引き締め政策の終焉に近づいたことが示されました。

 

FOMCの声明では、米国の経済状況について、「最近の複数の指標は、経済活動の伸びが第3四半期の力強いペースから鈍化してきたことを示唆する。雇用の伸びは今年の早い時期より緩やかになってきているが、強さを維持しており、失業率は低いままだ。インフレはこの1年で緩和したが、依然として高い水準にある」と分析しています。そのうえで、「2%のインフレ目標達成を妨げる可能性のあるリスクが出現した場合、必要に応じて金融政策スタンスを調整する用意がある」としています。

  

しかしながら、パウエル議長はFOMC後の記者会見で、利上げを予想しなかったことについて「十分な措置を講じたと考えているということだ」としたうえで、「政策金利が引き締めサイクルのピークに達したか、その近くにあると考えている」と述べています。

  

さらに、「利下げの時期が次の問題であり、それを検討し議論している」と明かしています。FOMC参加者によるドットチャートの予測中央値では、「今後追加利上げはない」との見通しが示されました。予測中央値で追加利上げの見通しが示されなかったのは2021年3月以来となります。

 

利下げ予想を好感し、NYダウは年初来高値を更新

 

金利見通しの予測中央値は、2024年末が4.6%、2025年末が3.6%、2026年末が2.9%となりました。2024年と2025年の予想中央値は、前回予想よりも引き下げられています。さらに、2024年には0.25%で3回の合計0.75%の利下げが予想されています。

 

利上げの事実上の終了宣言2024年の3回の利下げ予想を受け、FOMC終了後に米国の10年債利回り8月以来の4%割れに低下しました。外国為替市場では、ドル/円相場が1ドル=145円付近から142円付近まで3円の急激な円高が進行しました。

 

こうした動きを受け、NYダウは36,600ドル付近から3万7,094ドルへ400ドル以上も急伸し、前日比では約512ドル(1.40%)の上昇となり、今年の最高値を更新しました。FOMCで利上げが終了し、2024年には利下げ予想が出されたことで、米国の金融政策は一転して、利下げの時期と下げ幅が焦点となってきました。米国株は利下げ予想好材料として、今後は好調に推移することが予想できそうです。

 

記事作成日:2023年12月14

金融商品取引法に基づく表示事項

●本資料をお客様にご提供する金融商品取引業者名等
商号等:PayPay証券株式会社 https://www.paypay-sec.co.jp
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 2883号
加入協会:日本証券業協会
指定紛争解決機関:特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター

●リスク・手数料相当額等について
証券取引は、株価(価格)の変動等、為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化や、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために元本損失が生じることがあります。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、
「リスク・手数料相当額等(https://www.paypay-sec.co.jp/service/cost/cost.html)」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。

免責事項等
●本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とし、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断で行ってください。
●本資料は、信頼できると考えられる情報源に基づいて作成されたものですが、基にした情報や見解の正確性、完全性、適時性などを保証するものではありません。本資料に記載された内容は、資料作成日におけるものであり、予告なく変更する場合があります。
●本資料に基づき行った投資の結果、何らかの損害が発生した場合でも、理由の如何を問わず、PayPay証券株式会社は一切の責任を負いません。
●電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、無断で本資料の一部または全部の複製、転載、転送等は行わないでください。