記事詳細

サービス一覧
FOMC、3月利下げ開始の可能性遠のく?
FOMC、3月利下げ開始の可能性遠のく?

FOMC3月利下げ開始の可能性遠のく?

4会合連続政策金利据え置き、利下げのタイミングは?

 

FRB(米連邦準備理事会)は2024年1月30~31日に開催していたFOMC(米連邦公開市場委員会)で、政策金利のFF(フェデラルファンド)金利の誘導目標を5.25~5.50%で据え置きました。政策金利の据え置きは4会合連続となり、2023年12月会合で示された利下げ方針については、時期尚早との姿勢が示されました。
 
12月会合では、2024年中に0.25%の利下げを3回程度実施する可能性が示されたことで、市場ではFRBがいつ利下げに踏み切るのかが焦点となっていました。
 
しかし、FOMCの声明文では物価情勢について、「インフレ率はこの1年で緩和したが、依然として高止まりしている」と指摘しています。確かに、1月11日に発表された2023年12月の米消費者物価指数(CPI)は、総合CPIが前年同月比で3.4%の上昇、食品とエネルギーを除いたコア指数でも前年同月比で3.9%の上昇再び上昇傾向を示しており、高止まりが顕著となっています。
 
こうした状況から、声明文には、「2%の物価目標達成に向け、より確かな自信を得るまで利下げは適切ではない」との表現を追加され、「経済の見通しは不確実で、委員会はインフレのリスクを引き続き大いに注視している」としています。
 
ただ、FOMC声明発表後の記者会見でパウエルFRB議長は、「政策金利は今回の引き締めサイクルにおけるピークにある可能性が高い」と述べ、「今後の米経済の動きが予想と一致すれば年内に政策金利の引き締めを弱めることが適切だとみている」としています。

 

3月利下げ予想の否定を嫌気し、NYダウは下落

 

市場では、3月のFOMCで利下げが開始されるとの見方が強まっていたが、パウエル議長は、「3月を利下げ開始の時期と特定するような確信のレベルに委員会が同月会合までに達しそうだとは考えていない」とした上で、「(3月の利下げは)最も可能性の高いケース、ないし基本シナリオと呼ばれるものでは恐らくないだろう」と述べています。

 

FOMCの結果、FRBが3月利下げを否定するような見方を示したことで、1月31日のNYダウ平均は前日比317ドルの下落となり、3万8,150ドルで取引を終えました。

 

もっとも、3月の利下げ開始の可能性は低くなりましたが、FRBが利下げの可能性を否定したわけではなく、「今年のある時点で利下げに踏み切る可能性が高い」とも述べていることから、引き続き、米国市場では利下げ相場の材料となるでしょう。
 
FOMCでも、「金融緩和の開始がデータで裏付けられるかを見極めるには時間がかかる」としているように、今後は、経済指標の結果など、利下げ開始を裏付けるデータ注目されることになりそうです。
 
特に、消費関連指標と雇用関連指標の結果をもとに、今後、いつ利下げが実施されるのかが最大の焦点となり、しばらくは利下げ開始時期を巡った相場展開が続くことになりそうです。

 

記事作成日:2024年2月1日

金融商品取引法に基づく表示事項

●本資料をお客様にご提供する金融商品取引業者名等
商号等:PayPay証券株式会社 https://www.paypay-sec.co.jp
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 2883号
加入協会:日本証券業協会
指定紛争解決機関:特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター

●リスク・手数料相当額等について
証券取引は、株価(価格)の変動等、為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化や、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために元本損失が生じることがあります。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、
「リスク・手数料相当額等(https://www.paypay-sec.co.jp/service/cost/cost.html)」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。

免責事項等
●本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とし、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断で行ってください。
●本資料は、信頼できると考えられる情報源に基づいて作成されたものですが、基にした情報や見解の正確性、完全性、適時性などを保証するものではありません。本資料に記載された内容は、資料作成日におけるものであり、予告なく変更する場合があります。
●本資料に基づき行った投資の結果、何らかの損害が発生した場合でも、理由の如何を問わず、PayPay証券株式会社は一切の責任を負いません。
●電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、無断で本資料の一部または全部の複製、転載、転送等は行わないでください。