記事詳細

サービス一覧
大阪IRとは? カジノや関連銘柄は?
大阪IRとは? カジノや関連銘柄は?

この記事でわかること

・大阪IRはカジノを含む巨大統合型リゾート
・経済効果は年間1兆1,400億円
・注目の銘柄

 政府は2023年4月14日、統合型リゾート(IR)推進本部の会合を開き、大阪府と大阪市が策定した計画を日本初のIRとして認定しました。
 これにより、日本初のカジノを含む統合型リゾートが実現に向けて動き出しました。開業は、2029年秋ごろを目指しています。

 今回は、大阪IRを紹介し、どのような銘柄が注目されるのか見ていきます。

大阪IRはカジノ中心のIR事業

画像
大阪IRはカジノ中心のIR事業

 IRとは、統合型リゾート、Integrated Resortの略で、展示場や会議場、ホテル、レストラン、ショッピングモール、エンターテイメント施設などを備えた大規模施設を指します。
 アラブ首長国連邦(UAE)のドバイIRのように、カジノを併設しないIRもありますが、大阪IRはカジノを中心とした大規模施設を目指しています。

 大阪IRは人工島の夢洲(ゆめしま)に作られます。IRの総延床面積は約85万㎡、これは東京ドーム約18倍にあたる巨大施設です。

 具体的な施設ですが、大阪府のホームページによると、総収容人数約12,000人以上の国際会議場展示場バスターミナルフェリーターミナルなどの送客施設、3つのホテル(総客室数2500室)、夢洲シアター(約3500席)や飲食・物販・サービス施設など、そしてカジノ施設は延床面積約6.5万㎡で、カジノとして計画している区画はその内の3%以内となるそうです。

経済効果は年間1兆1,400億円

画像
経済効果は年間1兆1,400億円

 大阪府の試算によると、施設の建設時における経済波及効果は約1兆5,800億円、約11.6万人の雇用創出効果を見込んでいます。

 施設開業後は、年間の来場者数は約2,000万人(国内約1,400万人、国外約600万人)、売上は5,200億円(カジノ事業:約4,200億円、非カジノ事業:約1,000億円)、経済波及効果は年間1兆1,400億円を見込んでいます。

 なお、大阪IRが作られる夢洲は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の目と鼻の先に位置しており、シナジー効果も期待できそうです。

注目される銘柄は

画像
注目される銘柄は

 この巨大施設を設置・運営するのが、大阪IR株式会社です。
 大阪IR株式会社は、米IR運営会社のMGM リゾーツ・インターナショナルとオリックス(8591)が40%ずつ出資し、残りの20%をダイキン工業(6367)三菱電機(6503)パナソニックホールディングス(6752)日本電信電話(9432)の子会社NTT西日本、関西電力、近鉄GHD、JR西日本などの関西の主要企業が出資しています。運営の中核企業となるオリックスは、大阪IRの恩恵を受けそうです。

 また、大阪IRが日本観光の拠点の一つになると考えると、東京-新大阪間の新幹線を運行する東海旅客鉄道(9022)日本航空(9201)ANAホールディングス(9202)エイチ・アイ・エス(9603)なども注目されそうです。

 また、カジノという面では、スロットマシンやカジノマネジメントシステムなどを提供しているコナミグループ(9766)などの遊戯機器メーカーも投資家の関心を集めそうです。

 

 

記事作成日:2023年4月24日

 

 

金融商品取引法に基づく表示事項

●本資料をお客様にご提供する金融商品取引業者名等
商号等:PayPay証券株式会社 https://www.paypay-sec.co.jp
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 2883号
加入協会:日本証券業協会
指定紛争解決機関:特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター

●リスク・手数料相当額等について
証券取引は、株価(価格)の変動等、為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化や、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために元本損失が生じることがあります。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、
「リスク・手数料相当額等(https://www.paypay-sec.co.jp/service/cost/cost.html)」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。

免責事項等
●本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とし、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断で行ってください。
●本資料は、信頼できると考えられる情報源に基づいて作成されたものですが、基にした情報や見解の正確性、完全性、適時性などを保証するものではありません。本資料に記載された内容は、資料作成日におけるものであり、予告なく変更する場合があります。
●本資料に基づき行った投資の結果、何らかの損害が発生した場合でも、理由の如何を問わず、PayPay証券株式会社は一切の責任を負いません。
●電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、無断で本資料の一部または全部の複製、転載、転送等は行わないでください。