記事詳細

サービス一覧
“英国のウォーレン・バフェット"テリー・スミスの投資ノウハウ
“英国のウォーレン・バフェット"テリー・スミスの投資ノウ...

この記事でわかること

・英国のウォーレン・バフェットと呼ばれている
・投資哲学は世界的な優良企業に長期投資
・保有銘柄TOP10は世界的優良企業ばかり
・集中投資による高いリターン

英国のウォーレン・バフェットと呼ばれている

英国のウォーレン・バフェットと呼ばれている | PayPay証券
英国のウォーレン・バフェットと呼ばれている

 

 テリー・スミス氏をご存知でしょうか。「英国のウォーレン・バフェット」と呼ばれている、著名な投資家です。

 

 スミス氏は、2010年にロンドンで独立系投資運用会社ファンドスミス社を設立しました。スミス氏が運用する同社の旗艦ファンド「ファンドスミス・エクイティ・ファンド」は、2010年11月1日の運用開始から2022年9月30日までの上昇率(パフォーマンス)が+460.8%となっており、同じ期間のMSCI指数(世界の先進国の株式に投資する際の運用指標)の上昇率+250.2%を大きく上回っています(表1参照)。

ファンドスミス・エクイティ・ファンドとMSCI指数の上昇率比較 | PayPay証券
ファンドスミス・エクイティ・ファンドとMSCI指数の上昇率比較

注)英国籍外国投資法人「ファンドスミス・エクイティ・ファンド I クラス」英ポンド建投資証券を使用しています。
MSCIはMSCIワールドインデックス(配当込み、英ポンドベース)
出典:https://www.fundsmith.co.uk/factsheet/

テリー・スミス氏の投資哲学

テリー・スミス氏の投資哲学 | PayPay証券
テリー・スミス氏の投資哲学

 

 スミス氏の投資哲学は、「優良企業に投資する」、「割高な水準は避ける」、「頻繁な売買は行わない」というものです。ウォーレン・バフェット氏の投資哲学「よい株を割安で買うこと」、「買った株を長期間保有すること(望ましい保有期間は永遠)」、「わかりやすいビジネスに投資する」に似ており、スミス氏が「英国のウォーレン・バフェット」と呼ばれる所以です。

 

 スミス氏はこれらに加え、「過度な分散投資を避ける」、「天才やカリスマ経営者に依存した企業に投資しない」などのルールを用いて、銘柄を約30銘柄まで厳選して運用をしています。

テリー・スミス氏の保有銘柄TOP10

テリー・スミス氏の保有銘柄TOP10 | PayPay証券
テリー・スミス氏の保有銘柄TOP10

 

 では、スミス氏が実際にどのような銘柄に投資をしているのでしょうか。「ファンドスミス・エクイティ・ファンド」のファクトシートによると、9月30日時点の同ファンド保有銘柄TOP10は、以下のようになります。

ファンドスミス・エクイティ・ファンド保有銘柄TOP10(2022年9月) | PayPay証券
ファンドスミス・エクイティ・ファンド保有銘柄TOP10(2022年9月)

出典:https://www.fundsmith.co.uk/factsheet/

 

 このリストをみると、分かりやすいビジネスを世界的に展開しており、その分野で高いシェアを持っている企業と言えるでしょう。また、フィリップモリス、ロレアル、エスティ―・ローダーなど生活必需品に分類される銘柄が多く、その意味では不況下に強そうです。

 

 一方で、Amazon、テスラ、META(旧Facebook)といったこの10年前後で急成長した代表的な成長株がTOP10には入っていないのが目を引きます。恐らくは、急成長したため、株価が割高と判断したのでしょう。

集中投資による高いリターン

30社への集中投資で高リターン | PayPay証券
30社への集中投資で高リターン

 

 先ほど説明したように、テリー・スミス氏は、厳選された銘柄に投資します。

 

 「ファンドスミス・エクイティ・ファンド」では、投資先が約30社です。このため、米国の代表的な株価指数S&P500などに連動するように作られたインデックスファンドに比べると、リスクやリターンは高くなります。

 

 スミス氏の運用実績から見て、同氏が厳選した銘柄に集中投資しているこの銘柄は、これまでは高いリターンを得ることに成功していることを示しています。

ファンドスミス・グローバル・エクイティ・ファンド

ファンドスミス・グローバル・エクイティ・ファンド | PayPay証券
ファンドスミス・グローバル・エクイティ・ファンド

 

 PayPay証券で取り扱い開始した「ファンドスミス・グローバル・エクイティ・ファンド」は、この「ファンドスミス・エクイティ・ファンド」に投資している投資信託です。

「ファンドスミス・グローバル・エクイティ・ファンド」の説明はこちら

  

  

記事作成:2022年10月3日

 

 

金融商品取引法に基づく表示事項

●本資料をお客様にご提供する金融商品取引業者名等
商号等:PayPay証券株式会社 https://www.paypay-sec.co.jp
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 2883号
加入協会:日本証券業協会
指定紛争解決機関:特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター

●リスク・手数料相当額等について
証券取引は、株価(価格)の変動等、為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化や、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために元本損失が生じることがあります。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、
「リスク・手数料相当額等(https://www.paypay-sec.co.jp/service/cost/cost.html)」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。

免責事項等
●本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とし、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断で行ってください。
●本資料は、信頼できると考えられる情報源に基づいて作成されたものですが、基にした情報や見解の正確性、完全性、適時性などを保証するものではありません。本資料に記載された内容は、資料作成日におけるものであり、予告なく変更する場合があります。
●本資料に基づき行った投資の結果、何らかの損害が発生した場合でも、理由の如何を問わず、PayPay証券株式会社は一切の責任を負いません。
●電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、無断で本資料の一部または全部の複製、転載、転送等は行わないでください。