記事詳細

サービス一覧
投資で役立つ!相場格言3選
投資で役立つ!相場格言3選

さまざまな記事で取り上げられているので何番煎じになるか分かりませんが「強気相場は悲観の中に生まれ、 懐疑の中に育ち、楽観の中で成熟し、 幸福感の中で消えてゆく」といった格言があります。米国の著名投資家であるジョン・テンプルトン氏の言葉ですが、要するに大勢が下がると思っていたら底まだ上がると思っていたら天井ということです。

 

必ずしも当てはまるというわけではないものの、買っている人はどこかで売らないと利益は実現しません。反対に、売りから始めている人も反転する前にポジションを解消しないと損失は無限大という怖いリスクがあります。

 

売り・買いのどちらにしてもタイミングよく行いたいですが、実際はなかなかうまくいきませんよね。今回はそのような、相場あるあるを表現した先人たちの相場格言について、特にあるあると思うものを3つ取り上げていきます。

 

相場格言1:人の行く裏に道あり花の山

他の人とは違うことをやった方がうまくいきやすい・・・といった意味があります。例えば、皆が注目しているA株ではなく、今は人気がなくても将来化けそうなB株に行く。といったイメージですね。あなたはどっち派でしょうか。

※イメージ

 

似たようなものには「友なき方へ行くべし」「相場師は孤独を愛す」などがあり、ウォール街にも「Buy when others sell; Sell when others buy(人が売るときに買い、人が買うときには売れ)」といった格言があります。人の裏をかいたとしても、相場では勝てば官軍です。これで負けたらかなり悔しい思いをしますが、それも投資家の醍醐味なのかもしれません。

 

この格言の反対として「当たり屋につけ」というものがあります。勝ち続けている人と同じ売買をすればうまくいくかもしれないという意味ですが、妄信するのは禁物ですね。

 

相場格言2:売り買いは腹八分

言い換えれば「頭と尻尾はくれてやれ」といったように「最安値、最高値を狙おうとするな」ということです。運よくそうなることはあるかもしれませんが、狙ってできるものではないですよね。欲を出した結果、タイミングを逃してしまっては元も子もないといった戒めになります。「もうはまだなり まだはもうなり」と似ていますね。

 

※イメージ

 

もうひとつ「資金はある程度残し、全部つぎ込むことはしないように」といった意味もあります。投資は余裕資金でやるものです。何を当たり前のことを・・・と思われるかもしれませんが、冷静さを欠くと思ってもいない行動をしがち。今がチャンスと生活費にまで手を出すと、大抵はなぜかうまくいきません。信用取引だとなおのこと、万が一の追証が発生しても支払えるお金がない・・・なんてことはあってはなりませんよね。

 

相場格言3:押目待ちの押目なし

気になっていた銘柄が上がり始めてしまい、少し下げたところで買おうと待っていたら止まらず上がり続けた・・・なんてことありませんか?

 

そんなモヤモヤは、昔からあったようです。反対に、持っている銘柄が下がったとき、少し戻ったら売ろうと思っていたら下げ止まらなかった・・・なんてこともあるあるです。これを「戻り待ちに戻りなし」といいます。

 

少し押したら、戻ったらというのは誰もが考えるでしょうし、様子を見ていると置いて行かれることも多いです。チャンスを逃さないよう、思い切って行動することも重要ですね。

 

※イメージ

 

ほかにも色々

ここで取り上げた格言以外にもいろいろあります。見てみると「確かに」と思うことも多いので、取引で悩んだら参考にしてみるといいアイデアが浮かぶかもしれません。なお、格言の一覧は日本証券業協会のホームページでも見ることができるので、ぜひ一度覗いてみてください。

 

記事作成日:2023年6月29日

(DZHフィナンシャルリサーチ)

金融商品取引法に基づく表示事項

●本資料をお客様にご提供する金融商品取引業者名等
商号等:PayPay証券株式会社 https://www.paypay-sec.co.jp
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 2883号
加入協会:日本証券業協会
指定紛争解決機関:特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター

●リスク・手数料相当額等について
証券取引は、株価(価格)の変動等、為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化や、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために元本損失が生じることがあります。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、
「リスク・手数料相当額等(https://www.paypay-sec.co.jp/service/cost/cost.html)」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。

免責事項等
●本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とし、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断で行ってください。
●本資料は、信頼できると考えられる情報源に基づいて作成されたものですが、基にした情報や見解の正確性、完全性、適時性などを保証するものではありません。本資料に記載された内容は、資料作成日におけるものであり、予告なく変更する場合があります。
●本資料に基づき行った投資の結果、何らかの損害が発生した場合でも、理由の如何を問わず、PayPay証券株式会社は一切の責任を負いません。
●電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、無断で本資料の一部または全部の複製、転載、転送等は行わないでください。