記事詳細

サービス一覧
優秀なインデックスファンドとは?
優秀なインデックスファンドとは?

2024年から新しいNISA(少額投資非課税制度)が開始しました。昨年からもそうでしたが、各方面でS&P500または全世界株式どちらを買うべきか?という議論が繰り広げられています。正直なところ筆者はどちらも良い商品だと思っているので、甲乙はつけ難いです。

 

信託報酬(運用コスト)の話も人気ですね。つみたて投資では、コストが最も低いインデックスファンドを選ぶ方が良いという解説も多く、それだけ個人投資家の関心が高い話題だと思います。

 

コストが低いに越したことはありませんが、運用会社による信託報酬の引き下げは0.01%の競争。もはやチキンレースです。正直なところ0.01%の差があったとして、複利で運用するにしても運用損益に大した影響は出ません。あっちのファンドにしておけばよかった・・・と思うほど差は出ないはずなので、個人的には正直なところある程度の残高があり、途中償還の可能性が低いものを選べば問題ないでしょう。

 

とは言いつつも、それではつまらないのでインデックスファンドにも優劣があるお話をします。

 

優秀なインデックスファンドとは?

インデックスファンドの目的は、ベンチマークとする指数に連動するパフォーマンスを目指すことです。つまり、日経平均連動型を複数比較するとすれば、日経平均の騰落率により近い動きをする方が優秀ということです。

 

日経平均と同じ構成にするものの、厳密にいえば日経平均そのものではありません。このため、騰落率を完璧に一致させるのは実は難しいことなのです。とある日、日経平均の騰落率が+1.00%だったとしましょう。Aファンドは+1.05%Bファンドは+0.98%だったとします。パッと見れば、Aファンドの方が儲かっているじゃん!という認識になりますが、設定目的上ではBファンドの方が乖離率は小さいですよね。つまり、運用目的としてはBファンドの方が優秀ということになります。

 

このように、インデックスファンドはベンチマークと変動率が一致するように運用しますが、微妙に乖離が発生します。この差のことをトラッキングエラーと呼びます。要はトラッキングエラーが少ないファンドほど、投資家が思い描いている通りに運用されるということです。

 

※DZHフィナンシャルリサーチ作成

 

どこで確認できる?

トラッキングエラーを調べる簡単な方法は月次レポートを見ることです。ベンチマークの日々の動きを自分で調べて基準価額と照らし合わせてもよいですが、指数によっては有料ツールが必要な場合もあります。

 

<参考例>

出所:eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)月報(2023年12月)

 

このように、期間ごとの比較が掲載されています。ベンチマークとピッタリの時もあれば、微妙にトラッキングエラーが発生しているときもあります。eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)に関しては設定来でベンチマークを2%超上回っています。ただ、投資家からすればより儲かっているので、嬉しいの一言ですね。

 

月次レポートだとリアルタイムではないものの、誰でも見ることができ、ある程度の期間の比較も掲載してあります。ここを見れば、運用目的から見てどのインデックスファンドがより優秀か?という参考指標にできるかもしれません。

 

記事作成日:2024年1月18日

(DZHフィナンシャルリサーチ)

金融商品取引法に基づく表示事項

●本資料をお客様にご提供する金融商品取引業者名等
商号等:PayPay証券株式会社 https://www.paypay-sec.co.jp
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 2883号
加入協会:日本証券業協会
指定紛争解決機関:特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター

●リスク・手数料相当額等について
証券取引は、株価(価格)の変動等、為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化や、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために元本損失が生じることがあります。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、
「リスク・手数料相当額等(https://www.paypay-sec.co.jp/service/cost/cost.html)」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。

免責事項等
●本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とし、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断で行ってください。
●本資料は、信頼できると考えられる情報源に基づいて作成されたものですが、基にした情報や見解の正確性、完全性、適時性などを保証するものではありません。本資料に記載された内容は、資料作成日におけるものであり、予告なく変更する場合があります。
●本資料に基づき行った投資の結果、何らかの損害が発生した場合でも、理由の如何を問わず、PayPay証券株式会社は一切の責任を負いません。
●電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、無断で本資料の一部または全部の複製、転載、転送等は行わないでください。