記事詳細

サービス一覧
GAFAMの一角が決算発表/パウエル会見に注目/NYダウ10連騰【今週のマーケット展望】
GAFAMの一角が決算発表/パウエル会見に注目/NYダウ...

GAFAMの一角が決算発表/パウエル会見に注目/NYダウ10連騰【今週のマーケット展望】(2023/07/24)


【今週のポイント】

・NYダウは10連騰の中、≪GAFAM≫の一角が決算発表へ
・今週の≪FOMC(連邦公開市場委員会)≫では、利上げが確実視
・注目は、FOMC後の『パウエルFRB(連邦準備制度理事会)議長』の会見へ


【キーワード解説】

パウエルFRB議長の会見

GAFAMの一角が決算発表へ。パウエル会見に注目

◎直近まででNYダウは10営業日連続で上昇中
◎ハイテク関連はやや弱気の中、アルファベットやマイクロソフトなど≪GAFAM≫の一角
決算発表
≪FOMC≫では、0.25%利上げが確実視されており、注目は9月以降の利上げの有無
『パウエルFRB議長の会見』が利上げに肯定的な内容なら、株式市場にはマイナス要因

日銀の金融政策は「現状維持」がマーケットの予想

◎マーケットの注目は、日銀金融政策決定会合での金融政策修正の有無
◎ただ、先週時点では、金融政策決定会合は「現状維持」との見方が浮上
◎仮に修正があるようなら、株式市場は一時的に急落の可能性も
「現状維持」なら、株式市場に安心感が広がりそう

【キーワード解説】パウエルFRB議長の会見

◎FRBは、連邦準備制度理事会のこと。中央銀行の最高意思決定機関で金融政策の策定
行う
◎現在のFRB議長は、弁護士、銀行家、財務官僚の経験があるジェローム・パウエル氏
◎年間8回行われるFOMCで金融政策は決まるが、FOMC後にはFRB議長の会見が行われる
◎FRB議長の会見は、今後の金融政策を予想するうえで重要な材料となる

注目イベント(日本時間)

7月24日(月)
・米国:ナスダック100の特別リバランス
・米国:決算発表(ドミノ・ピザ)

7月25日(火)
・米国: FOMC(26日まで:日本時間27日早朝まで)
・米国:決算発表(ゼネラル・エレクトリック、ダウ、スリーエム、レイセオン・テクノ
ロジーズ、ベライゾン・コミュニケーションズ、ゼネラル・モーターズ、ネクステラ・エナ
ジー)
・日本:決算発表(シマノ)

7月26日(水)
・米国:決算発表(アルファベット、マイクロソフト、スナップ、テキサス・インスツル
メンツ、ビザ、コカ・コーラ、AT&T、ボーイング、ユニオン・パシフィック)
・日本:決算発表(サイバーエージェント、アドバンテスト、日産自動車、カプコン)

7月27日(木)
・米国:政策金利発表(FOMC)、パウエルFRB議長の会見
・米国:決算発表(メタ・プラットフォームズ、マクドナルド、マスターカード)
・日本:決算発表(MonotaRO、信越化学工業、武田薬品工業、中外製薬、オムロン、ルネ
サスエレクトロニクス、キヤノン)

7月28日(金)
・米国:個人消費支出(PCEデフレーター)
・米国:決算発表(アマゾン、インテル、シェブロン、プロクター・アンド・ギャンブル
、エクソンモービル)
・日本:日銀金融政策決定会合最終日、植田日銀総裁の会見
・日本:決算発表(日本M&Aセンターホールディングス、エムスリー、オリエンタルラン
ド、小松製作所、日立製作所、日本電気、富士通、キーエンス、デンソー、ファナック
、SCREENホールディングス、東日本旅客鉄道、東海旅客鉄道、ANAホールディングス
、KDDI)

金融商品取引法に基づく表示事項

●本資料をお客様にご提供する金融商品取引業者名等
商号等:PayPay証券株式会社 https://www.paypay-sec.co.jp
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 2883号
加入協会:日本証券業協会
指定紛争解決機関:特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター

●リスク・手数料相当額等について
証券取引は、株価(価格)の変動等、為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化や、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために元本損失が生じることがあります。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、
「リスク・手数料相当額等(https://www.paypay-sec.co.jp/service/cost/cost.html)」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。

免責事項等
●本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とし、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断で行ってください。
●本資料は、信頼できると考えられる情報源に基づいて作成されたものですが、基にした情報や見解の正確性、完全性、適時性などを保証するものではありません。本資料に記載された内容は、資料作成日におけるものであり、予告なく変更する場合があります。
●本資料に基づき行った投資の結果、何らかの損害が発生した場合でも、理由の如何を問わず、PayPay証券株式会社は一切の責任を負いません。
●電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、無断で本資料の一部または全部の複製、転載、転送等は行わないでください。