記事詳細

サービス一覧
NY見通し-利下げ時期の見通しをめぐり、12月CPIに注目
NY見通し-利下げ時期の見通しをめぐり、12月CPIに注...

NY見通し-利下げ時期の見通しをめぐり、12月CPIに注目

  

今晩は物価指標に注目。昨日は翌日に発表される米12月消費者物価指数(CPI)などを控えた様子見姿勢が強まったものの、エヌビディアメタ・プラットフォームズなどハイテク株の上昇が相場をけん引した。ダウ平均は170.57ドル高(+0.45%)と反発し、1月2日に付けた終値の最高値に肉薄。S&P500も0.57%高と反発し、ハイテク株主体のナスダック総合は0.75%高と4日続伸した。週初来ではダウ平均が0.61%高、S&P500が1.84%高となり、ナスダック総合は3.07%高と大幅に上昇した。

 

今晩は利下げ開始時期の見通しをめぐり、寄り前に発表される米12月消費者物価指数(CPI)に注目が集まる。12月CPIの市場予想は変動の大きい食品、エネルギーを除くコア指数が前月比+0.2%、前年比+3.8%と、それぞれ11月分の+0.3%、+4.0%から鈍化が予想されている。足もとでは早期の利下げ転換期待がやや後退しているものの、CMEのフェド・ウォッチが示す3月米連邦公開市場委員会(FOMC)での利下げ確率は69%となっており、12月CPIが予想通りの鈍化となれば、早期利下げ期待が再び高まることになりそうだ。

  
今晩の米経済指標・イベントは12月CPIのほか、新規失業保険申請件数米30年債入札など。このほか、バーキン米リッチモンド連銀総裁の講演も予定されている。主要な企業の決算発表はなし。(執筆:1月11日、14:00)

金融商品取引法に基づく表示事項

●本資料をお客様にご提供する金融商品取引業者名等
商号等:PayPay証券株式会社 https://www.paypay-sec.co.jp
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 2883号
加入協会:日本証券業協会
指定紛争解決機関:特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター

●リスク・手数料相当額等について
証券取引は、株価(価格)の変動等、為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化や、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために元本損失が生じることがあります。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、
「リスク・手数料相当額等(https://www.paypay-sec.co.jp/service/cost/cost.html)」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。

免責事項等
●本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とし、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断で行ってください。
●本資料は、信頼できると考えられる情報源に基づいて作成されたものですが、基にした情報や見解の正確性、完全性、適時性などを保証するものではありません。本資料に記載された内容は、資料作成日におけるものであり、予告なく変更する場合があります。
●本資料に基づき行った投資の結果、何らかの損害が発生した場合でも、理由の如何を問わず、PayPay証券株式会社は一切の責任を負いません。
●電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、無断で本資料の一部または全部の複製、転載、転送等は行わないでください。