記事詳細

サービス一覧
NYダウ史上最高値/TSMC/テスラ決算/海外投資家の日本株買い【今週のマーケット展望】
NYダウ史上最高値/TSMC/テスラ決算/海外投資家の日...

NYダウ史上最高値/TSMC/テスラ決算/海外投資家の日本株買い【今週のマーケット展望】

 

【今週のポイント】

・TSMCの好決算などを受けて、NYダウ史上最高値を更新
IBMインテルテスラなど注目企業が決算発表
・日本株上昇の背景に海外投資家の積極的な日本株買い
・今週の日銀金融政策決定会合は「現状維持」の公算

 

【キーワード解説】

TSMC

◆米国株

◎先週の米国株市場では、NYダウ史上最高値を更新
◎世界最大の半導体受託製造メーカーTSMCの好決算半導体関連AI(人工知能)関連人気化
◎今週は、IBMインテルテスラなど注目企業の決算発表に注目
大統領選挙予備選挙(共和党)では、最初に指名争いの党員集会が行われたアイオワ州でトランプ前大統領が圧勝。株式市場への影響を見極めたいところ

◆日本株

◎TSMCの好決算などを背景に、日経平均株価バブル崩壊後の高値を更新
◎東証のデータによると、海外投資家が日本株を大幅に買い越し
◎今週の日銀金融政策決定会合では、金融政策は「現状維持」の公算
◎ただし、中国株市場が下落していることには注意が必要

【キーワード解説】TSMC

◎TSMCは「Taiwan Semiconductor Manufacturing Company」の略。「台湾積体電路製造」や「台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング・カンパニー」とも表記する
◎TSMCは、他社で設計された半導体を製造する世界最大の半導体受託製造メーカー
◎半導体は世界景気の先行指標と見られているため、TSMCの業績見通しは市場でも注目されている
◎2024年12月期はAI半導体の強い需要もあり、売上高は過去最高となる見通しで、日本でも半導体関連やAI関連の銘柄が人気化するきっかけとなった

◆注目イベント (日本時間)

1月22日(月)
・日本:日銀金融政策決定会合(23日まで)
1月23日(火)
・米国:決算発表(ゼネラル・エレクトリック、スリーエム、プロクター・アンド・ギャンブル、ジョンソン・エンド・ジョンソン)
・日本:政策金利、植田日銀総裁会見
1月24日(水)
・米国:購買担当者景気指数(製造業および非製造業PMI)
・米国:決算発表(ネットフリックス、テキサス・インスツルメンツ、フリーポート・マクモラン)
・日本:決算発表(ニデック、ディスコ)
1月25日(木)
・米国:決算発表(IBM、テスラ、コムキャスト、ダウ、ゼロックス・ホールディングス)
1月26日(金)
・米国:個人消費支出(PCE)
・米国:決算発表(インテル、ビザ、アメリカン・エキスプレス)
・日本:金融政策決定会合議事要旨(12月開催分)
・日本:決算発表(信越化学工業、ファナック)

金融商品取引法に基づく表示事項

●本資料をお客様にご提供する金融商品取引業者名等
商号等:PayPay証券株式会社 https://www.paypay-sec.co.jp
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 2883号
加入協会:日本証券業協会
指定紛争解決機関:特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター

●リスク・手数料相当額等について
証券取引は、株価(価格)の変動等、為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化や、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために元本損失が生じることがあります。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、
「リスク・手数料相当額等(https://www.paypay-sec.co.jp/service/cost/cost.html)」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。

免責事項等
●本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とし、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断で行ってください。
●本資料は、信頼できると考えられる情報源に基づいて作成されたものですが、基にした情報や見解の正確性、完全性、適時性などを保証するものではありません。本資料に記載された内容は、資料作成日におけるものであり、予告なく変更する場合があります。
●本資料に基づき行った投資の結果、何らかの損害が発生した場合でも、理由の如何を問わず、PayPay証券株式会社は一切の責任を負いません。
●電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、無断で本資料の一部または全部の複製、転載、転送等は行わないでください。