記事詳細

サービス一覧
【キーワード解説】マイナス金利政策
【キーワード解説】マイナス金利政策

マイナス金利政策

 

◎中央銀行が政策金利をゼロ%よりも低い水準にする政策であり、デフレ対策のために行われる金融緩和策の1つです
◎民間銀行が中央銀行に預け入れる預金金利がマイナスとなるため、投資や貸し出しなどで資金が市場に流通しやすくなることを狙い、景気刺激の効果を期待しています
◎日本では2013年に「異次元緩和」と呼ばれる量的・質的金融緩和で国債を大量に取得して資金を市場に流通させる政策が決められ、2016年1月の金融政策決定会合でそのカンフル剤として、マイナス金利政策によって金融緩和を一段と強めることが決定しました
◎マイナス金利政策の導入で住宅ローン金利が低下し、個人の負担が減ったり、不動産市場が活性化するといったメリットが当初は見られました
◎しかし、都市部を中心に不動産市場が過熱化する「バブル」の様相となってきたほか、金融機関や年金の運用環境が悪化するなどの副作用も徐々に見られてきました
◎日本銀行はこの3月の金融政策決定会合で、賃金上昇を伴う形で物価が安定的に2%上昇する「賃金と物価の好循環」が見通せるようになったとの理由で、マイナス金利政策の解除を決めました
◎これにより、2013年に始まった大規模緩和は事実上終了し、日本は金融政策正常化に向けて新たな段階に入ったことになります

金融商品取引法に基づく表示事項

●本資料をお客様にご提供する金融商品取引業者名等
商号等:PayPay証券株式会社 https://www.paypay-sec.co.jp
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 2883号
加入協会:日本証券業協会
指定紛争解決機関:特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター

●リスク・手数料相当額等について
証券取引は、株価(価格)の変動等、為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化や、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために元本損失が生じることがあります。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、
「リスク・手数料相当額等(https://www.paypay-sec.co.jp/service/cost/cost.html)」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。

免責事項等
●本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とし、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断で行ってください。
●本資料は、信頼できると考えられる情報源に基づいて作成されたものですが、基にした情報や見解の正確性、完全性、適時性などを保証するものではありません。本資料に記載された内容は、資料作成日におけるものであり、予告なく変更する場合があります。
●本資料に基づき行った投資の結果、何らかの損害が発生した場合でも、理由の如何を問わず、PayPay証券株式会社は一切の責任を負いません。
●電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、無断で本資料の一部または全部の複製、転載、転送等は行わないでください。