はじめての米国株入門④「NYダウ」「S&P500」「ナスダック指数」とは?

はじめての米国株入門④「NYダウ」「S&P500」「ナスダック指数」とは?

目次

NYダウ

S&P500

ナスダック指数

日経平均株価

TOPIX(東証株価指数)

まとめ

日本では、株式市場の動向を示す指標として「日経平均株価」「TOPIX(東証株価指数)」がポピュラーです。テレビやネットのニュースなどでも頻繁に取り上げられているため、みなさんも一度は耳にしたことがあるはずです。このように株式市場全体の値動きを示す指数「株価指数」と呼びます。
 
一方、米国では「NYダウ」「S&P500」「ナスダック指数」主要3指数と呼ばれる代表的な株価指数です。それぞれに特徴が異なりますので、解説していきましょう。
 

NYダウ

 

「NYダウ」は、世界で最も有名な株価指数です。正式名称は「ダウ工業株30種平均」で、米ダウ・ジョーンズ社が選んだ30銘柄で構成されています。これら30銘柄は、ニューヨーク証券取引所やナスダックに上場している米国を代表する企業群です。ただ、構成銘柄が30銘柄で、カバーしている業種も9業種と少ないため、個別銘柄、特に株価の高い銘柄の値動きに大きな影響を受けてしまいがちです。

 

「ダウ工業株30種平均」という名称から、工業関連株だけで構成されていると勘違いされるかも知れませんが、アップル(AAPL)コカ・コーラ(KO)アメリカン・エキスプレス(AXP)ウォルト・ディズニー(DIS)といった銘柄も採用されており、近年では、米国の主要産業の変化とともにIT産業やサービス産業も加わっています。

 

S&P500

 

NYダウが30銘柄で構成されているのに対して、「S&P500」ニューヨーク証券取引所やナスダックに上場している米国を代表する500銘柄で構成される株価指数で、米国のS&Pダウ・ジョーンズ・インデックスLLCが算出しています。

 

指数は、NYダウが「株価の平均」だったのに対して、S&P500は500銘柄の「時価総額を加重平均(平均値を出す項目それぞれの重みを加味して割り出す平均値のこと)」したものとなっています。構成銘柄が500銘柄と多く、NYダウに比べて米国株市場全体の動きを反映している指数といえます。実際、米国株式市場の時価総額の8割をカバーしているとされています。採用基準として、時価総額が61億ドル以上、4四半期連続で黒字を維持していることなどハードルが高いのも特徴のひとつです。

 

ナスダック指数

 

ナスダック市場の動きを示す株価指数としては、「ナスダック総合指数」「ナスダック100指数」があります。ナスダックが新興企業向けの株式市場として開設されたこともあり、ナスダック指数はNYダウやS&P500に比べて、ITやハイテク関連企業の動向が反映されやすくなっています

 

「ナスダック総合指数」は、ナスダック市場に上場している全銘柄を対象に、時価総額を加重平均して算出される指数です。
一方、「ナスダック100指数」は、ナスダック市場に上場している企業のうち、時価総額と流動性の大きい上位100銘柄(金融業除く)を対象に、時価総額を加重平均して算出される指数で、よりナスダック総合指数に比べてよりハイテク企業の影響が強まる指数とされています。

 

ちなみに、2023年8月上旬現在、米国株全体の時価総額ランキングでは、上位8社がナスダック市場の銘柄となっています。

 

 

ご参考までに、日本の株式市場の動向指数についても解説します。

 

日経平均株価

 

「日経平均株価」は、東京証券取引所のプライム市場に上場している銘柄の中から、日本経済新聞社が選んだ225銘柄の平均株価指数で、「日経225」とも呼ばれています。日本を代表する銘柄で構成されていますが、指数の算出方法から株価の高い銘柄の影響を受けやすいといった特徴があります。

 

TOPIX(東証株価指数)

 

一方、「TOPIX(東証株価指数)」は、プライム市場、スタンダード市場、グロース市場に上場するすべての銘柄が対象で、その時価総額は「浮動株数」(発行済み株式の中で、大株主などの安定株主に保有されておらず、市場に流通する可能性が高い株式)を元に計算されています。日経平均株価に比べて、日本株市場全体の値動きを反映している指数とされています。

 

まとめ

日本の有名なことわざに「木を見て森を見ず」というものがあります。同じようなことが、株式投資の世界でも言われています。

つまり、個別銘柄の業績などをチェックすることはとても重要ですが、それだけでは投資では勝てないというもの。紹介した株価指数などで市場全体の流れを把握し、投資すべきタイミングを把握することが重要なのです。

 

記事作成日:2023年8月14日

公開日:2023.8.17

初心者向け

シェアする
FacebookXnote

金融商品取引法に基づく表示事項

●本資料をお客様にご提供する金融商品取引業者名等
商号等:PayPay証券株式会社 https://www.paypay-sec.co.jp
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 2883号
加入協会:日本証券業協会
指定紛争解決機関:特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
●リスク・手数料相当額等について
証券取引は、株価(価格)の変動等、為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化や、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために元本損失が生じることがあります。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、
「リスク・手数料相当額等(https://www.paypay-sec.co.jp/service/cost/cost.html)」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。

免責事項等
●本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とし、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断で行ってください。
●本資料は、信頼できると考えられる情報源に基づいて作成されたものですが、基にした情報や見解の正確性、完全性、適時性などを保証するものではありません。本資料に記載された内容は、資料作成日におけるものであり、予告なく変更する場合があります。
●本資料に基づき行った投資の結果、何らかの損害が発生した場合でも、理由の如何を問わず、PayPay証券株式会社は一切の責任を負いません。
●電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、無断で本資料の一部または全部の複製、転載、転送等は行わないでください。