記事詳細

サービス一覧
はじめての米国株入門⑥個人投資家もできる“神様”バフェットの投資手法
はじめての米国株入門⑥個人投資家もできる“神様”バフェッ...

世界最大級の投資会社を率いるバフェット

証券、銀行、生損保などの金融機関や年金基金などの機関投資家、一般企業や個人などさまざまな投資家が株式に投資をしています。そんな株式投資の世界で、「投資の神様」と呼ばれているのが、米国の著名投資家ウォーレン・バフェットです。バフェットが率いる世界最大級の投資会社バークシャー・ハサウェイ(BRKB)は、米国の株式市場にも上場しています。


同社はもともと1888年に創業した綿紡績会社でしたが、1965年にバフェットが同社を買収、その後、自動車保険で全米2位のGEICOの株式投資などで成功を収め、投資会社へと転身していきました。現在のバークシャー・ハサウェイは、保険業、鉄道事業、エネルギー事業、食品事業などさまざまな企業を傘下に持つ持ち株会社ですが、投資会社と紹介されることが多いようです。これは、バフェットが投資によってバークシャー・ハサウェイの事業を拡大していることによるものでしょう。

 

バリュー投資で高い成長率を達成

バークシャー・ハサウェイの1965年から2022年までの株価の年平均上昇率を見ると、米国の代表的な株価指数であるS&P500が9.9%だったのに対して、同社の株価は19.8%2倍となっています。このように、長期間にわたり、高い成長率を保ってきたことで、バフェットの評価は高まりました。

 

ちなみに、バークシャー・ハサウェイの本社は米国ネブラスカ州オマハにあり、バフェットがオマハに生まれ、現在もオマハに住んでいることから、バフェットは「オマハの賢人」とも呼ばれています。

 

バフェットが綿紡績業を営んでいたバークシャー・ハサウェイ株に投資を始めたのは、同社の株価が、本来の価値よりも低く評価されていると確信したからでした。この当時からバフェットの投資手法は割安な株式に投資し、長期保有を行う「バリュー投資」で、それは現在も変わりません。

 

横道に逸れますが、1920年代にバリュー投資手法を生み出したのは、米国コロンビア大学で教鞭を取っていたベンジャミン・グレアムで、バフェットはその教え子です。


バフェットの投資手法は、多くの個人投資家も参考になるはずです。基本的には、「良い銘柄を安く買って、長期間保有する」という投資手法になります。後述しますが、バフェットは日本の商社株にも積極的に投資しています。商社の株価は、ここ数年でかなり上昇しましたが、PER(株価収益率)PBR(株価純資産倍率)といったポピュラーな株価指標で見ても、なお割安に評価されています。

 

日本の商社に追加投資で、日本株にもバフェット効果

バフェットの発言や投資方針、バークシャー・ハサウェイの投資は株式市場に大きな影響を与えています。

 

たとえば、バークシャー・ハサウェイは2020年8月にかけて日本の伊藤忠商事丸紅三菱商事三井物産住友商事の5大商社株を5%超取得していました。さらに、2023年4月に来日したバフェットは5大商社株の追加取得を明らかにしたのです。これがきっかけとなって、日本の商社株のみならず、外国人投資家の日本株買いが活発化しました。


このように、バフェット氏の動向により、株価の上昇や株式投資が活発化することは「バフェット効果」とも呼ばれています。

現在、バークシャー・ハサウェイはアップルバンク・オブ・アメリカシェブロンコカ・コーラなど多くの企業の株式に投資をしています。バフェット氏とバークシャー・ハサウェイの投資動向は大きな影響を持っており、注目材料のひとつになっています。

 

記事作成日:2023年10月3日

金融商品取引法に基づく表示事項

●本資料をお客様にご提供する金融商品取引業者名等
商号等:PayPay証券株式会社 https://www.paypay-sec.co.jp
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 2883号
加入協会:日本証券業協会
指定紛争解決機関:特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター

●リスク・手数料相当額等について
証券取引は、株価(価格)の変動等、為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化や、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために元本損失が生じることがあります。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、
「リスク・手数料相当額等(https://www.paypay-sec.co.jp/service/cost/cost.html)」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。

免責事項等
●本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とし、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断で行ってください。
●本資料は、信頼できると考えられる情報源に基づいて作成されたものですが、基にした情報や見解の正確性、完全性、適時性などを保証するものではありません。本資料に記載された内容は、資料作成日におけるものであり、予告なく変更する場合があります。
●本資料に基づき行った投資の結果、何らかの損害が発生した場合でも、理由の如何を問わず、PayPay証券株式会社は一切の責任を負いません。
●電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、無断で本資料の一部または全部の複製、転載、転送等は行わないでください。