記事詳細

サービス一覧
第8回資産運用で得られる利益、インカムゲインとキャピタルゲイン
第8回資産運用で得られる利益、インカムゲインとキャピタル...

この記事でわかること

資産運用では「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」の2種類の利益が得られる
・配当の良し悪しは配当利回りによって比較できる
・高配当の銘柄は長期保有に向いている

 

資産運用で得られる2種類の利益

 

インカムゲインキャピタルゲインという言葉をご存じでしょうか?

インカムゲイン(Income Gain)とは、株式などの資産を保有していることで得られる利益で、銀行の利子や株式の配当などを指します。一方のキャピタルゲイン(Capital Gain)とは、資産を売却することで得られる利益を指し、株式や不動産などの譲渡益(売却益)が該当します。Capitalは「資本」という意味で、「資本から得られる利益」を指すことから、こう呼ばれています。

 

預貯金で得られるのはインカムゲインのみで、キャピタルゲインを得ることはできません。これに対して、株式や不動産などの投資商品では、インカムゲインとキャピタルゲインの両方を狙うことができます

 

株式や投資信託(投信)は、安いときに買って、高くなってから売れば、その差額分がキャピタルゲインとなります。株や投信の値段が上昇すれば、たとえ短期であっても大きな利益を得られる可能性があります。

 

一方のインカムゲインは1年で〇円、〇%という形で決められており、受け取れる金額は保有する量や期間に比例します。原則、長く保有すればするほど、得られるインカムゲインは増えていきますので、長期で資産運用する際には、特にこのインカムゲインに注目する必要があります。

 

配当を株価で割って算出する「配当利回り」で比較

 

株式のインカムゲインである配当は、1株につき〇円という金額で表示され、銘柄によってその金額は異なります。配当は企業が利益の中から任意で分配するので、業績が良ければ増えて増配となり、悪ければ減って減配となりやすいです。さらに、業績が悪化して配当が出せなくなれば、無配となることもあります。

 

米国株では、コカ・コーラ(KO)ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)など、業績が好調で毎年増配を続けている企業がたくさんあります。日本株でも花王(4452)など、いくつかあります。こうした企業の株をじっくり長期で持っていれば、持っているだけでインカムゲインが増えていくので、資産形成に有効です。

 

ただし、いくら配当の金額が高くても、株価も高ければインカムゲインの魅力が大きいとはいえません。そこで、株価が違っても比較できるようにしたのが、配当を株価で割って算出する「配当利回りです。たとえば、配当が1株につき年間10円、株価が500円だとすると、10円÷500円×100で、配当利回りは年2%となります。

 

現在、銀行の定期預金金利はわずか0.003〜0.007%程度です。これに対し、株式の配当利回りは平均2%前後で、高いところだと8%前後。4%以上の高配当銘柄も少なくありません。配当利回りが比較的高い業種としては、銀行、商社などがあります。こうした高い利回りで長期運用できれば、資産が増えるスピードが早くなり、預貯金としておくのとは大きな差がつきます。

 

配当利回りの高い銘柄を選んで購入し、株価が上がってから売ればキャピタルゲインとインカムゲインの両方を得ることができます。逆に株価が下がってしまったとしても、長く持ち続けてインカムゲインを積み重ねることで、含み損を埋められる可能性があります。

 

なお、譲渡益と配当には約20%の税金がかかり、実際に受け取れるのはそれを差し引いた金額となります。ただし、NISA(少額投資非課税制度)を利用すれば、譲渡益と配当の両方に対する税金がかかりません。したがって、特に配当利回りの高い銘柄NISA口座で保有するというのも有効な方法です。

 

記事作成日:2023年7月24日

 

金融商品取引法に基づく表示事項

●本資料をお客様にご提供する金融商品取引業者名等
商号等:PayPay証券株式会社 https://www.paypay-sec.co.jp
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 2883号
加入協会:日本証券業協会
指定紛争解決機関:特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター

●リスク・手数料相当額等について
証券取引は、株価(価格)の変動等、為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化や、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために元本損失が生じることがあります。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、
「リスク・手数料相当額等(https://www.paypay-sec.co.jp/service/cost/cost.html)」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。

免責事項等
●本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とし、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断で行ってください。
●本資料は、信頼できると考えられる情報源に基づいて作成されたものですが、基にした情報や見解の正確性、完全性、適時性などを保証するものではありません。本資料に記載された内容は、資料作成日におけるものであり、予告なく変更する場合があります。
●本資料に基づき行った投資の結果、何らかの損害が発生した場合でも、理由の如何を問わず、PayPay証券株式会社は一切の責任を負いません。
●電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、無断で本資料の一部または全部の複製、転載、転送等は行わないでください。