個別株つみたてをはじめよう!PayPayアプリで100円からOK!

個別株つみたてをはじめよう!PayPayアプリで100円からOK!

目次

米国株でも日本株でも100円から買える!

人気の米国株10銘柄買うと…

個別株つみたてと投信つみたて

株式の購入方法

個別株10銘柄を毎月1,000円ずつ1年つみたて投資したら投資元本の倍以上になった、というSNS投稿が話題になっていました。

これは米国株でも日本株でも100円から金額指定で買うことができるPayPay資産運用ならでは。

今回は個別株つみたての魅力ややり方をご紹介します。

 

米国株でも日本株でも100円から買える!

一般的な証券会社では基本的に、米国株は1株単位日本株は100株単位での購入となります。なので100ドルの米国株を1株買うには100ドル以上、1,000円の日本株を100株買うには10万円以上必要です。

ですがPayPay証券のPayPay資産運用では、100ドルの米国株でも1,000円の日本株でも100円から買うことができます

ですので、個別株10銘柄を毎月1,000円ずつつみたてるといったことができます。もちろん、毎月100円ずつでも毎月10,000円ずつでも、ご自身の資産運用に合わせてお好きな金額で買えます。

 

人気の米国株10銘柄買うと…

アップル、マイクロソフト、エヌビディア、アルファベット、アマゾン・ドット・コム、メタ・プラットフォームズ、テスラ、ブロードコム、マイクロン・テクノロジー、フェラーリ

上記のように有名な米国株を10銘柄(アップル、マイクロソフト、エヌビディア、アルファベット、アマゾン・ドット・コム、メタ・プラットフォームズ、テスラ、ブロードコム、マイクロン・テクノロジー、フェラーリ)買うと、一般的な証券会社では1ドル=160円換算で約64万円以上必要です。

でも、100円ずつなら毎月1,000円、1,000円ずつなら毎月1万円、1万円ずつなら毎月10万円で買うことができます。

日本株なら例えば、トヨタ、オリエンタルランド、三菱重工、ソフトバンク、任天堂、ディスコ、三菱UFJ、レーザーテック、JT、楽天グループを100株ずつ買うと、約1,200万円以上必要です。

普通ならつみたて投資どころかNISA(少額投資非課税制度)の成長投資枠の年間投資上限240万円を超えている銘柄もありNISAで買うことすらできません

しかし、PayPay資産運用では米国株同様、100円から買うことができるので個別株つみたても可能になるのです。

 

個別株つみたてと投信つみたて

個別株と投資信託のつみたてにはそれぞれ違いがありますから、ご自身に合ったつみたてや併用がオススメです。

個別株つみたては、なんと言っても自分の好きなように自由に運用できる柔軟性が魅力です。自分で選んで自分で売買タイミングも考えたいなら、保有コストもかからない個別株つみたてが向いています。

投信つみたては、手間なく分散投資も含めてつみたてできるのが大きな魅力です。初心者やこれからはじめようと思っている方に最適です。投資信託も様々な種類があるので、ご自身の方針に合わせて選べます。

はじめは投信つみたてからはじめて、慣れてきたら個別株つみたても少しずつはじめる。経験に応じて徐々に個別株つみたての比率を上げていく。といった使い分けもできます。

 

株式の購入方法

それではPayPayアプリの「資産運用/NISA」から株式を購入する主な方法を見てみましょう。こちらはすでにPayPay証券の口座を開設済みの場合です。未開設の場合はまずは口座を開設してください。

 

1、銘柄を選ぶ

PayPayアプリの「資産運用/NISA」を立ち上げ、「探す」から買いたい銘柄を探します。

 

2、検索して銘柄ページを表示

検索画面で銘柄名等を入力してタップし、銘柄ページを開き「買う」ボタンをタップします。

 

3、買い注文を出して購入する

購入金額等を決めて、確認の上購入します。これで購入が完了しました。

あとは同様に買いたい銘柄を購入してください。

例えば「毎月25日に1,000円ずつ買う」なら、翌月25日に同様に買っていきます。

面倒ではありますが、毎月株価を確認したり、評価損益の状況を確認したり、売却や銘柄の入れ替えや追加を検討する機会が定期的にあることは、ご自身の資産運用力を高めることに繋がります。

日米の個別株やETFでも投資信託でも、100円からつみたて投資できるPayPay証券をぜひご活用ください。


記事作成日:2024年6月28日

公開日:2024.7.9

初心者向け

シェアする
FacebookXnote

金融商品取引法に基づく表示事項

●本資料をお客様にご提供する金融商品取引業者名等
商号等:PayPay証券株式会社 https://www.paypay-sec.co.jp
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 2883号
加入協会:日本証券業協会
指定紛争解決機関:特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
●リスク・手数料相当額等について
証券取引は、株価(価格)の変動等、為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化や、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために元本損失が生じることがあります。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、
「リスク・手数料相当額等(https://www.paypay-sec.co.jp/service/cost/cost.html)」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。

免責事項等
●本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とし、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断で行ってください。
●本資料は、信頼できると考えられる情報源に基づいて作成されたものですが、基にした情報や見解の正確性、完全性、適時性などを保証するものではありません。本資料に記載された内容は、資料作成日におけるものであり、予告なく変更する場合があります。
●本資料に基づき行った投資の結果、何らかの損害が発生した場合でも、理由の如何を問わず、PayPay証券株式会社は一切の責任を負いません。
●電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、無断で本資料の一部または全部の複製、転載、転送等は行わないでください。