記事詳細

サービス一覧
株とは?株式投資の基礎知識をご紹介
株とは?株式投資の基礎知識をご紹介

一般的に難解なイメージがつきまとう「投資

 
そこで、株式投資の世界をより楽しむためにも、株式投資の基礎知識をわかりやすくご紹介していきたいと思います。

 

株式投資って難しい?

「株式投資を始めてみたい」と考えている方、多いのではないでしょうか。

 
老後の不安、子供の将来のため、大金持ちになりたい!なんて方もいらっしゃるでしょう。
  
でも、いざ始めようとすると、「どの株を買ったらいいのかわからない」、「損をしたら怖い」、「売ったり・買ったりするタイミングが分からない」、などとためらう方も多いのでは?
 
最初の一歩を踏み出すのって、怖いですよね。でも、思い出してみてください。

 
初めて補助なしの自転車に乗れた時のことを。風を切る爽快感、急に世界が広がったように感じませんでしたか。

  

  

株式投資も同じです

 
初めてみると、いままで見向きもしなかったニュースに反応したり、ご自分の愛用品のメーカーが気になったり、はたまた買った株の株価が上昇し気持ちも上がったりと(その逆もありますけど)、いままでとは違う、自分を見つけることでしょう。
  
もちろん、自転車でスピードを出し過ぎたり、止まるべきところで止まらないと、転んで痛い思いをしたり、最悪、事故にあってしまうように、株式投資も無鉄砲に行えば、大切なお金を失うことになりかねません。

 

投資の道を乗りこなすには、ある程度の基礎知識や考え方を身にまとうことが必要です。
  
では、これから株式投資の世界を楽しむために、どんな知識や考え方が必要かみていきましょう。

 

 

 

 

株ってなに?

その前に、そもそも「」ってなんでしょう?
  
「株」は、企業が事業のための資金を調達する手段の一つです。企業は株のほかにも、債券の発行や銀行など金融機関からの融資を受け、資金を調達します。
  
「債券」や「融資」と言った経済誌で見かける言葉が急に出てきましたが、債券発行や融資を受けるというのは、簡単に言えば借金して、お金を得ることです。企業からみれば、利子を付けて返さないといけないお金です。
  

それに対して、株というのは企業の未来に期待をして、お金を出してもらうこと「出資」という言葉になります。

 

債券や融資との違いは、出資してもらったお金は返済義務がないことです。
  
出資した人からみれば、元本が保証されていないということです。
  
出資をすると、「株」が発行され、株を保有している人は「株主」となります。企業は経営が上手くいけば、利益を株主に配分します。これを配当金といいます。
  
そして、「株」は売買することが出来ます。いわゆる株取引です。売買という以上、一般の商売と同じで、売値から仕入れ値を引いた額が儲けとなります。
  
株の取引では、これを「値上がり益」といいます。
  
一般的に配当金というのは、株価の数%ですが、値上がり益は会社の経営次第では、数倍から数10倍になることも少なくありません。

 

つまり、株式投資で儲けるということは、基本的には「これから騰がりそうな株を、安く仕入れて、高く売る」ということです。
  
これは、商売の基本、「安く仕入れて、高く売る」と同じです。

 

 

記事作成日:2021年1月14日
 

金融商品取引法に基づく表示事項

●本資料をお客様にご提供する金融商品取引業者名等
商号等:PayPay証券株式会社 https://www.paypay-sec.co.jp
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 2883号
加入協会:日本証券業協会
指定紛争解決機関:特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター

●リスク・手数料相当額等について
証券取引は、株価(価格)の変動等、為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化や、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために元本損失が生じることがあります。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、
「リスク・手数料相当額等(https://www.paypay-sec.co.jp/service/cost/cost.html)」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。

免責事項等
●本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とし、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断で行ってください。
●本資料は、信頼できると考えられる情報源に基づいて作成されたものですが、基にした情報や見解の正確性、完全性、適時性などを保証するものではありません。本資料に記載された内容は、資料作成日におけるものであり、予告なく変更する場合があります。
●本資料に基づき行った投資の結果、何らかの損害が発生した場合でも、理由の如何を問わず、PayPay証券株式会社は一切の責任を負いません。
●電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、無断で本資料の一部または全部の複製、転載、転送等は行わないでください。