記事詳細

サービス一覧
半導体セクター3社の動向|インテル・AMD・クアルコム
半導体セクター3社の動向|インテル・AMD・クアルコム

2022年半ば以降に減少傾向にあった世界の半導体需要徐々に回復しています。米国半導体工業会(SIA)によると、世界の半導体販売高は2023年10月に前月比3.9%増の466億ドルに達しており、回復の足取りは確かなようです。

 

この記事では、垂直統合型デバイスメーカー(IDM)の雄で、巻き返しを図るインテル(INTC)に加え、パソコン用のCPU(中央処理装置)でインテルのライバルに成長したアドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)、そしてモバイル用の半導体チップに強みを持つクアルコム(QCOM)をご紹介します。

 

インテル:垂直統合型メーカーの雄

ファブレス企業とファウンドリーが水平分業で成果を上げる中、インテル開発から製造までを自社で手掛けるIDMとして対抗しています。垂直統合型のIDMには設計と前工程を社内協力で改良できる強みを持つとされますが、やはり微細化に向けた投資の確保や技術面のキャッチアップが課題です。

 

実際、半導体製造の前工程ではTSMCやサムスン電子の後塵を拝しています。報道によると、EUV露光を使う技術で量産を始めたのは2023年9月で、しかも回路線幅7ナノメートルのプロセス技術でした。TSMCとサムスン電子は2022年に回路線幅3ナノメートルで量産に入っており、遅れは否めません。

 

業績面でも苦戦しており、2023年7-9月期決算売上高前年同期比7.7%減の141億5,800万ドル、純利益70.9%減の2億9,700万ドルでした。業績面では厳しい状況が続いています。

 

 

事業別では主戦場であるパソコン向けなどの「クライアントコンピューティング」部門の売上高3.2%減の78億6,700万ドル、営業利益43.3%増の20億7,300万ドルです。在宅勤務普及に伴うパソコン特需の恩恵は消えましたが、コスト抑制の効果で増益に転じています。

 

一方、市場拡大が期待されるAI向けの分野で出遅れていますが、インテルは前工程のプロセス技術で2025年までにTSMCなどをキャッチアップする方針を示しています。ファブレス企業とファウンドリーにはないIDMの強みを発揮できるのか、成否が注目されそうです。

 

アドバンスト・マイクロ・デバイセズ:ファブレスに転身

アドバンスト・マイクロ・デバイセズパソコン用のCPUを主戦場としてきました。全盛期のインテルには太刀打ちできず、安価な代替品としての位置づけでしたが、今は性能面でも遜色がなく、パソコン用CPUではインテルに次ぐ市場シェアを持ちます。インテルは2022年12月期の年次報告書で競合として真っ先にAMD、次いでエヌビディアを挙げています。

 

AMDはもともとインテル同様、開発と生産を手掛ける垂直統合型のIDMでしたが、ファブレス企業に転身しています。2009年に製造部門を分離し、アラブ首長国連邦(UAE)の投資会社と合弁でグローバルファウンドリーズ(GFS)を設立しました。その後に出資を引き揚げ、2019年までに役員の派遣を取りやめています。

 

グローバルファウンドリーズは2021年にナスダック市場に上場しました。AMDとの資本関係はありません。AMDはグローバルファウンドリーズに加え、TSMCにも半導体の製造を委託しています。

 

AMDの業績は半導体市況が回復途上にある中、持ち直してきました。2023年4-6月期決算の売上高は前年同期比18.2%減の53億5,900万ドル、純利益が94.0%減の2,700万ドルでしたが、2023年7-9月期決算では売上高前年同期比4.2%増の58億ドル、純利益4.5倍の2億9,900万ドルに達しています。

 

 

特にパソコン向け事業好調で、売上高42.2%増の14億5,300万ドル、営業利益が1億4,000万ドルと前年同期の営業損失2,600万ドルから黒字に転換しました。デンターセンター向け部門と2022年に企業買収を通じて規模を拡大した組み込み型製品部門は減収減益です。

 

クアルコム:モバイル端末用のSoCに強み

クアルコムはスマートフォンなどモバイル端末向けの半導体の開発と設計に強みを持つファブレス企業です。半導体チップ上にマイクロプロセッサーやメモリーなどシステムの動作に必要な機能を集積するシステムオンチップ(SoC)などを設計しています。

 

この分野では基本ソフトにアンドロイドを用いたスマートフォン向けのSoC「スナップドラゴン」シリーズが知られています。また、RF(無線周波数)製品の開発も手掛けており、こうした製品を含むCDMA技術部門が主力事業です。

 

 

2023年9月期決算はスマートフォン販売の低迷を背景に売上高前年同期比19.0%減の358億2,000万ドル、純利益44.1%減の72億3,200万ドルとなりました。特にCDMA技術部門は194%減の303億8,200万ドル、税引き前利益が38.3%減の79億2,400万ドルです。

 

スマートフォンの販売不振のあおりで技術ライセンス部門も苦戦し、売上高が16.5%減の53億600万ドル、税引き前利益が21.6%減の36億2,800万ドルにとどまっています。

 

記事作成日:2023年12月28日

(DZHフィナンシャルリサーチ)

金融商品取引法に基づく表示事項

●本資料をお客様にご提供する金融商品取引業者名等
商号等:PayPay証券株式会社 https://www.paypay-sec.co.jp
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 2883号
加入協会:日本証券業協会
指定紛争解決機関:特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター

●リスク・手数料相当額等について
証券取引は、株価(価格)の変動等、為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化や、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために元本損失が生じることがあります。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、
「リスク・手数料相当額等(https://www.paypay-sec.co.jp/service/cost/cost.html)」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。

免責事項等
●本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とし、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断で行ってください。
●本資料は、信頼できると考えられる情報源に基づいて作成されたものですが、基にした情報や見解の正確性、完全性、適時性などを保証するものではありません。本資料に記載された内容は、資料作成日におけるものであり、予告なく変更する場合があります。
●本資料に基づき行った投資の結果、何らかの損害が発生した場合でも、理由の如何を問わず、PayPay証券株式会社は一切の責任を負いません。
●電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、無断で本資料の一部または全部の複製、転載、転送等は行わないでください。