記事詳細

サービス一覧
任天堂の株価が絶好調 3つの理由
任天堂の株価が絶好調 3つの理由

任天堂株価が好調です。株価は2023年12月29日に株式分割を考慮した水準で2007年に付けた上場来高値7,320円を更新。2024年1月10日には7,902円まで上昇する場面があり、時価総額は「Wii」が大ヒットとなって以来、およそ16年ぶり10兆円台に乗せました。

 

株価が上昇した3つの理由

任天堂日足チャート

 

上昇の要因は大きく3つあると市場関係者からは指摘されています。

 

1つは新しいNISAの開始です。同制度が開始されたことにより、長期で成長が続くと期待する投資家による新規の資金が任天堂株に流れ込んでいるとの見方です。実際、受渡日ベースで新年入りした12月末から上昇に勢いがついているようにもみられることから、一定の買いが入っていることは間違いないと思われます。

 

2つ目はオイルマネーの流入観測です。2024年1月9日、ゲーム関連銘柄に投資していることで知られるサウジアラビア系のファンドコーエーテクモHDの株式を買い増していることが伝わり、その他のゲーム関連にも買いが波及しました。

 

最後に3つ目の理由ですが、2024年にも次世代機の導入があるのではないかという見方が市場参加者の間でコンセンサスになりつつあることです。任天堂が現行ハードである「Nintendo Switch」を市場投入してからおよそ7年。これまでのスケジュールから考えても、次世代機販売のタイミングは近いというのは、多くの市場参加者に共通した見方です。

 

加えて、いくつかのリーク報道によれば、ゲームメーカーには次世代機用の開発キットが既に提供済みであるとされています。任天堂側はこうした報道を否定していますが、ハードの発売と同時にゲームソフトを発売するのであれば、開発期間を考えれば既に提供されているというリーク記事には説得力もあるため、あまり会社側の否定は投資家には信じられていない面もあるようです。

 

新型ハード発売時の過去の株価動向

これらの理由から任天堂株の上昇に弾みがついていると思われますが、実際に「Nintendo Switch」の次世代機が発表された場合、株価の動きがどうなるかには、注意が必要かもしれません。

 

過去の事例を振り返ってみると、「Nintendo Switch」が発表された2016年10月21日、同社の株価は前日比7%安と大幅に下落して取引を終えました。市場関係者からはSwitchが携帯できる機能を兼ね備えていながらも据え置き機として発売されたことに対する懸念などが聞かれました。

 

当時は据え置き型ゲームよりも、今でも人気の作品ではありますが、パズドラやモンストなど基本無料でプレイできるスマホ向けゲームアプリなどが隆盛だったこともあり、任天堂の新型ハードはそうした流れをくつがえすほどではない、と判断されてしまったのかもしれません。

 

また、「Nintendo Switch」の前のハードである「Wii U」が発表された際にも、任天堂の株価は急落しました。2011年6月7日(米国時間)に、米ロサンゼルスで同日開幕したゲーム見本市「E3」で当時の岩田聡社長が同機について発表すると、8日の東京市場で任天堂株は売りが優勢となり、終値で前日比5%の下落となりました。

 

このときは前ハードである「Wii」があまりにも売れたため、後継機に対するハードルもかなり高くなってしまった点が影響していたと思われます。

 

このように新型ハードが発売された直後は、むしろ期待で上げていた分、材料出尽くしによる売りとなりやすいことが過去の傾向からはわかります。現時点では新型ハードの詳細がわかっていないわけですから、それすら見ないうちに株価が上がるとか下がるとか言ってもしょうがないという意見もあるでしょう。ただ、こうした動きがある可能性に注意しておくということには意味があると思います。

 

ゲーム機やゲームソフト以外の分野にも注目

直近では、単にハードやゲームソフトの製造・販売にとどまらず、保有するIP(知的財産権)を活用した取り組みも目立っています。ユニバーサルスタジオジャパンで展開するニンテンドーワールドや、よみうりランドに開設が予定されているポケモンのエンターテイメント施設「ポケパーク カントー」をはじめ、2023年に大ヒットとなった「スーパーマリオブラザーズ・ムービー」に続いて、ハリウッドでの映画化が予定されている「ゼルダの伝説」などにも期待が集まっています。次世代機だけでなく、これらの動向にも注目していきたいですね。

 

記事作成日:2023年1月10日

(DZHフィナンシャルリサーチ)

金融商品取引法に基づく表示事項

●本資料をお客様にご提供する金融商品取引業者名等
商号等:PayPay証券株式会社 https://www.paypay-sec.co.jp
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 2883号
加入協会:日本証券業協会
指定紛争解決機関:特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター

●リスク・手数料相当額等について
証券取引は、株価(価格)の変動等、為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化や、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために元本損失が生じることがあります。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、
「リスク・手数料相当額等(https://www.paypay-sec.co.jp/service/cost/cost.html)」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。

免責事項等
●本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とし、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断で行ってください。
●本資料は、信頼できると考えられる情報源に基づいて作成されたものですが、基にした情報や見解の正確性、完全性、適時性などを保証するものではありません。本資料に記載された内容は、資料作成日におけるものであり、予告なく変更する場合があります。
●本資料に基づき行った投資の結果、何らかの損害が発生した場合でも、理由の如何を問わず、PayPay証券株式会社は一切の責任を負いません。
●電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、無断で本資料の一部または全部の複製、転載、転送等は行わないでください。