インバウンド需要再拡大!関連銘柄6選

インバウンド需要再拡大!関連銘柄6選

目次

中国人旅行客回復でインバウンド消費は急拡大へ?

インバウンド関連銘柄6選

中国人旅行客回復でインバウンド消費は急拡大へ?

観光庁の「訪日外国人消費動向調査」によると、79月期の訪日外国人客数6578,000人で、コロナ前の2019年比で7.3%減となりました。46月期の同26.7%減から回復傾向が一気に強まる形となっています。中国2019年比で57.1%減と減少幅が大きく、全体の足を引っ張っていますが、逆に言えば、中国の回復に伴う今後一段の拡大余地を残している状況であると考えられます。

 

一方、1人当たり旅行消費支出大きく上昇しているため、79月期の訪日外国人旅行消費額2019年比で20.0%の増加となっています。足元の円安進行に伴い、訪日客の日本における購買意欲が高まっているものと判断できます。現在、旅行者数上位の韓国や台湾と比較して、中国の1人当たり旅行支出2の水準にあることから、中国の訪日客数増加消費額の一段の拡大にも直結するものと言えるでしょう。

 

2024年に向けては、中国からの訪日客数の本格回復により、インバウンド需要の再拡大時期が到来すると考えられます。とりわけ、円安に伴う物価高進行国内個人消費停滞が見込まれる中、国内の小売り部門におけるインバウンド関連銘柄の関心は高まりやすいと考えられます。

 

また、インバウンド関連の代表格でもある空運株などは、原油高などが業績の重しになるため、原油価格の上昇一服に伴って、ストレートにインバウンド拡大業績寄与も期待できそうです。

 

インバウンド関連銘柄6

 

コーセー(4922

大手化粧品メーカー。「デコルテ」、「アルビオン」、「雪肌精」などが主要ブランドで、百貨店や化粧品専門店が販路の中心。化粧品業界の中にあって、国内での売上構成比が比較的高いなどインバウンド需要による業績インパクトが大きいとされる。ホテルアメニティーのブランドを新たに発表。

 

日本航空(9201

大手航空会社20233月現在、国内線133路線、国際線66路線を運航。国内旅客・国際旅客ともに売上構成比の3割超の水準。インバウンド受け入れの本格再開に備え2017年から発売を開始しているJAL訪日ダイナミックパッケージの商品ラインアップを着実に拡充。

 

オリエンタルランド(4661

東京ディズニーランド」「東京ディズニーシー」などのテーマパークを運営。2022年の2テーマパーク合計入園者数は約2,209万人2023年上半期の海外ゲスト比率13%程度20246月、ディズニーシー8番目の新テーマポート「ファンタジースプリングスオープン。

 

エイチ・アイ・エス(9603

海外および国内旅行を取り扱う大手旅行会社。愛知県のテーマパーク「ラグーナテンボス」や訪日客に好評の「変なホテル」なども運営。長崎県の大型リゾート施設「ハウステンボス」は2022年に売却 訪日インバウンド戦略などのコンサルティング事業も手掛けている。

 

高島屋(8233

百貨店大手の一角。東京/日本橋・大阪・横浜などが主力店。20242月期の免税売上高は期中に上方修正して580億円の見通し。ジャパニーズカルチャーを積極的に取り入れたフロア構成の商業施設「京都髙島屋 S.C.」が202310月に開業した。

 

星野リゾート・リート投資法人(3287

ホテルの開発・運営再生事業を展開する星野リゾートがスポンサー。ホテル特化型のJ-REIT20234月期末のポートフォリオは67物件、資産規模は1,911億円 。運営物件の中で「星のや京都」や「星のや富士」は、コロナ前の外国人旅行者比率50%強などインバウンドに強み

 

記事作成日:2023119

公開日:2023.11.14

銘柄情報/テーマ

シェアする
FacebookXnote

金融商品取引法に基づく表示事項

●本資料をお客様にご提供する金融商品取引業者名等
商号等:PayPay証券株式会社 https://www.paypay-sec.co.jp
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 2883号
加入協会:日本証券業協会
指定紛争解決機関:特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
●リスク・手数料相当額等について
証券取引は、株価(価格)の変動等、為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化や、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために元本損失が生じることがあります。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、
「リスク・手数料相当額等(https://www.paypay-sec.co.jp/service/cost/cost.html)」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。

免責事項等
●本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とし、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断で行ってください。
●本資料は、信頼できると考えられる情報源に基づいて作成されたものですが、基にした情報や見解の正確性、完全性、適時性などを保証するものではありません。本資料に記載された内容は、資料作成日におけるものであり、予告なく変更する場合があります。
●本資料に基づき行った投資の結果、何らかの損害が発生した場合でも、理由の如何を問わず、PayPay証券株式会社は一切の責任を負いません。
●電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、無断で本資料の一部または全部の複製、転載、転送等は行わないでください。