記事詳細

サービス一覧
第9回コカ・コーラ|KO【話題の米国企業を深堀り】
第9回コカ・コーラ|KO【話題の米国企業を深堀り】

世界的飲料メーカー、コカ・コーラは62年連続増配

 

原液の製造方法はいまでも最高機密

  

コカ・コーラは世界で最もメジャーな飲料の一つです。コカ・コーラの歴史は、1886年5月8日に始まりました。ジョージア州アトランタの薬剤師が、シロップを製造し、商品化されました。

 
原液の製造方法は、同社の最高機密となっており、その原液は現在でも、米国本社で製造され、世界各地のボトリング会社に届けられます。ボトリング会社は原液をコーンシロップや砂糖などで薄め、炭酸水で割って、製品化して販売しています。

 

独特のくびれを持ったボトルは、当初は透明や茶色の普通のストレートなボトルでした。当時、多くの偽物が出回り、独自のボトル・デザインの検討を進めていたコカ・コーラでは、図書館で様々なものの形状を調査していました。そこで、細長い形とはっきりとした肋骨を持つカカオ豆のイラストに出くわし、この独自のデザインが誕生しました。

 

こうして、同社は世界的な飲料メーカーに成長し、コカ・コーラ以外にも200以上のブランドのノンアルコール飲料を製造し、世界200以上の国と地域で毎日22億食以上のドリンクを提供しています。

 

足元の業績は好調、連続増配も継続中

 

コカ・コーラは業績面でも順調に拡大しています。2023年第4四半期決算(10~12月期)は、販売数量が前年同期比2%増となり、通年でも前年比2%増となりました。売上高も第4四半期で前年同期比7%増の108億4,900万ドル、通年で前年比6%増の457億5,400万ドルと好調で、営業利益は第4四半期で前年同期比10%増の22億7,300万ドル、通年で前年比4%増の113億1,100万ドルとなりました。

 

ただ、純利益は高インフレとアルゼンチンペソ安によりアルゼンチンでの事業の関連損失が膨らみ、第4四半期では同3%減の19億7,300万ドルとなりましたが、通年では同12%増の107億1,400万ドルと大幅増益となっています。

 

コカ・コーラといえば、連続増配銘柄としても有名ですが、第4四半期の配当を増配しており、第4四半期の配当を増やしたことで2023年の年間配当は増額され、62年連続増配となりました。

 

コカ・コーラはこれまでにも、多くの飲料メーカーのM&A(企業の合併・買収)を進めてきましたが、現在、アマゾンで最も売れているソーダといわれている「ポピー」の買収を計画していると報道されています。ポピーは、米国テキサス州オースティンに本拠を置き、従来のソーダに代わる、フルーツジュースとリンゴ酢を使用したヘルシーなソーダを生産している飲料メーカーです。

 

このように、コカ・コーラは世界的飲料企業としての将来の有望性だけではなく、連続増配企業としても非常に魅力的な企業で、今後の動向が注目される企業です。

 

記事作成日:2024年2月22日

金融商品取引法に基づく表示事項

●本資料をお客様にご提供する金融商品取引業者名等
商号等:PayPay証券株式会社 https://www.paypay-sec.co.jp
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 2883号
加入協会:日本証券業協会
指定紛争解決機関:特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター

●リスク・手数料相当額等について
証券取引は、株価(価格)の変動等、為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化や、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために元本損失が生じることがあります。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、
「リスク・手数料相当額等(https://www.paypay-sec.co.jp/service/cost/cost.html)」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。

免責事項等
●本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とし、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断で行ってください。
●本資料は、信頼できると考えられる情報源に基づいて作成されたものですが、基にした情報や見解の正確性、完全性、適時性などを保証するものではありません。本資料に記載された内容は、資料作成日におけるものであり、予告なく変更する場合があります。
●本資料に基づき行った投資の結果、何らかの損害が発生した場合でも、理由の如何を問わず、PayPay証券株式会社は一切の責任を負いません。
●電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、無断で本資料の一部または全部の複製、転載、転送等は行わないでください。