記事詳細

サービス一覧
注目の「日米高配当株」8選
注目の「日米高配当株」8選

注目の「日米高配当株」8

 

2024年は例年に比べて、高配当銘柄に注目が集まりそうです。新しいNISAのスタートがその原動力になるとみられるためです。中でも新しいNISAでは、経営基盤がしっかりとした大型株が選好されやすいと考えられます。

  

そこで、中長期保有に向いていそうな日米の高配当銘柄をピックアップしました。

 

武田薬品工業(4502

国内最大手の医薬品会社2019年にアイルランドのシャイアー社を買収し、事業領域が拡大。20243月期の年間配当金は前期比8円増の188を計画、増配は15年ぶりとなる。予想配当利回り4.59。時価総額2,000億円以上の医薬品会社の中でも配当利回りは最高水準

 

住友商事(8053

大手総合商社5社の一角。鋼管事業に強みを持つほか、輸送機・建機、資源、メディアなどバランスの良い収益構造が特徴。20243月期の年間配当金は前期比10円増の125を計画、予想配当利回り4.05。時価総額2,000億円以上の卸売業の中でも配当利回りは最高水準

 

みずほフィナンシャルグループ(8411

メガバンク3行の一角。大企業との取引に強み。銀行株は日銀の「マイナス金利解除」の思惑もあり、注目度が高まっている20243月期の年間配当金は前期比15円増の100を計画、予想配当利回り4.05。時価総額2,000億円以上の銀行の中で配当利回りはあおぞら銀行に次ぐ水準

 

商船三井(9104

国内海運大手3社の一角。ドライバルク船(ばら積み船)では世界最大規模の船隊を擁す。コンテナ船は日本郵船、川崎汽船との共同出資会社が運営。20243月期の年間配当金は前期比370円減の190を計画、予想配当利回り4.69海運セクターの中でも配当利回りは最高水準

 

スリーエム(MMM

世界的化学メーカー。接着剤やテープなどの工業製品・事務用品、電子機器などを手掛ける。典型的な「開発経営」企業として位置付けられている。2023年よりリストラ策を推進、2024年前半目途にヘルスケア事業の分離も決定。予想配当利回り5.97連続増配年数65にもおよぶ。

 

アルトリア・グループ(MO

「マールボロ」「パーラメント」「バージニア・エス」などのたばこ事業が中核。2008年のフィリップ・モリス分離以降は米国市場を中心に展開。日本たばこ産業(2914と合弁会社を設立、加熱式や電子たばこの拡大に注力。予想配当利回り9.28連続増配年数53

 

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ

米通信最大手。固定電話・携帯電話を手掛け、消費者向け主軸にビジネス向けにも展開。メディア事業からは撤退。負担となっていた5G(第5世代移動通信システム)関連投資が峠を越え、今後はキャッシュフロー改善株主還元の強化につながる余地大きい。予想配当利回り6.89連続増配年数17

 

IBMIBM

世界最大手規模の多国籍IT企業。安定したキャッシュフローに特徴。特許取得数も世界最高水準。コンピューター関連のサービス、コンサルティング、ソフトウェアが主力。現在はハイブリッドクラウドとAI(人工知能)に注力中。予想配当利回り4.15連続増配年数28

 

※日本企業の配当利回りは、年間予想配当金を1212日の終値で割り、小数点第3位を四捨五入したもの
※米国企業の配当利回りは、予想一株当たり配当金を128日の終値で割り、小数点第3位を四捨五入したもの

 

記事作成日:20231212

金融商品取引法に基づく表示事項

●本資料をお客様にご提供する金融商品取引業者名等
商号等:PayPay証券株式会社 https://www.paypay-sec.co.jp
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 2883号
加入協会:日本証券業協会
指定紛争解決機関:特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター

●リスク・手数料相当額等について
証券取引は、株価(価格)の変動等、為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化や、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために元本損失が生じることがあります。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、
「リスク・手数料相当額等(https://www.paypay-sec.co.jp/service/cost/cost.html)」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。

免責事項等
●本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とし、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断で行ってください。
●本資料は、信頼できると考えられる情報源に基づいて作成されたものですが、基にした情報や見解の正確性、完全性、適時性などを保証するものではありません。本資料に記載された内容は、資料作成日におけるものであり、予告なく変更する場合があります。
●本資料に基づき行った投資の結果、何らかの損害が発生した場合でも、理由の如何を問わず、PayPay証券株式会社は一切の責任を負いません。
●電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、無断で本資料の一部または全部の複製、転載、転送等は行わないでください。