記事詳細

サービス一覧
アップルが新型iPhoneを発売~関連銘柄5社
アップルが新型iPhoneを発売~関連銘柄5社

米アップルは9月22日、新型スマートフォン「iPhone15」シリーズ4機種と腕時計型デバイス「アップルウォッチ」の新シリーズを発売しました。iPhoneは同社の業績だけではなく、半導体需要にも影響を与えると言われています。今回は、アップルおよびアップル関連銘柄を取り上げていきましょう。

 

アップル(AAPL)

パソコンや携帯情報端末などの設計および生産、販売などを展開。2023年9月には、新型スマートフォン「iPhone15」シリーズ4機種と腕時計型デバイス「アップルウォッチ」の新シリーズを発売。なお、iPhone15などの新製品は、世界の約40カ国で販売が開始されました。iPhoneはアップルの売上高の約半分を構成しており、同社の業績に大きく影響します。今のところ株価は低迷していますが、iPhone15の売り上げは好調なようです。

 

クアルコム(QCOM)

通信機器の開発や半導体の設計・開発の大手。9月11日には、iPhone向けモデムチップの供給を3年間延長すると発表しました。これにより、2026年まではクアルコム製モデムチップがiPhoneに搭載されることになりました。この発表を受けて、クアルコムの株価は9月11日の時間外取引で一時8%以上も上昇しました。

 

ブロードコム(AVGO)

半導体デバイスの開発、設計、販売を手がける世界有数のメーカーです。2023年5月にアップルと数十億ドル規模の複数年契約を新たに締結しています。アップルの発表によれば、ブロードコムは5世代(5G)無線周波数に関する部品を開発します。今回の契約にはワイヤレス接続に関する部品も含まれ、部品はブロードコムが主要施設を有するコロラド州フォートコリンズなど米国内の複数の施設で設計・製造されます

 

マイクロン・テクノロジー(MU)

コンピュータ・ネットワーク、クラウド、モバイルなどで使用される、DRAMやフラッシュメモリーを開発・製造しており、アップルの有力サプライヤーです。同社は半導体需要の低迷から業績の悪化が続いていましたが、AI(人工知能)サーバー向けの需要好調が追い風となり、業績は回復傾向にあります。iPhone関連部品も多数製造していることから、iPhone15の販売状況が同社の業績に貢献する可能性もありそうです。

 

バークシャー・ハサウェイ(BRK.B)

保険事業を中核に事業を展開。著名投資家ウォーレン・バフェットが率いる投資会社としても有名。主な投資先は、アップルバンク・オブ・アメリカコカ・コーラアメリカン・エキスプレスなど。2023年2月には、バークシャーによるアップル株の買い増しが明らかになりました。これにより、バークシャーの株式ポートフォリオのほぼ半分をアップル株が占めることになりました。

 

ゴールドマン・サックス・グループ(GS)

世界トップクラスの総合金融グループであるゴールドマン・サックス・グループもアップルの動向に影響を受けそうです。両社は2019年からアップルのクレジットカード「アップルカード」で提携しています。アップルでは、アップルペイで購入した商品の支払いを4回に分割して後払い決済するサービスを開始しており、このローンの貸し手もゴールドマンが担っています。さらに、アップルカード保有者向けにゴールドマンの普通預金口座を利用した高利回りの貯蓄口座の提供を開始しました。

 

記事作成日:2023年9月29日

金融商品取引法に基づく表示事項

●本資料をお客様にご提供する金融商品取引業者名等
商号等:PayPay証券株式会社 https://www.paypay-sec.co.jp
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 2883号
加入協会:日本証券業協会
指定紛争解決機関:特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター

●リスク・手数料相当額等について
証券取引は、株価(価格)の変動等、為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化や、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために元本損失が生じることがあります。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、
「リスク・手数料相当額等(https://www.paypay-sec.co.jp/service/cost/cost.html)」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。

免責事項等
●本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とし、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断で行ってください。
●本資料は、信頼できると考えられる情報源に基づいて作成されたものですが、基にした情報や見解の正確性、完全性、適時性などを保証するものではありません。本資料に記載された内容は、資料作成日におけるものであり、予告なく変更する場合があります。
●本資料に基づき行った投資の結果、何らかの損害が発生した場合でも、理由の如何を問わず、PayPay証券株式会社は一切の責任を負いません。
●電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、無断で本資料の一部または全部の複製、転載、転送等は行わないでください。