NISAのつみたて投資枠でオススメの投資信託4選

NISAのつみたて投資枠でオススメの投資信託4選

目次

つみたて投資枠に向いている投資信託とは

つみたて投資枠の参考ファンド4選

国内の物価上昇によって支出が増える中、将来に備えて資産を増やしたいと資産運用に興味を持つ人が増えています。しかし、働きながら投資を行うことは時間的に難しいと感じている人も多くいるのが現状です。そんな方にオススメの投資法が、NISAのつみたて投資枠を活用して少額からコツコツ投資を続けられるつみたて投資です。

 
そこで今回は、つみたて投資枠を活用して投資信託を買う前に知っておきたいつみたて投資枠の基本と、参考ファンドをご紹介します。

 

 

つみたて投資枠に向いている投資信託とは

つみたて投資枠では、金融庁の基準を満たした長期のつみたて・分散投資に適した投資信託を、つみたて形式で購入することができます。

 

購入できる投資信託は多岐にわたり、日経平均株価やダウ平均といった国内外の指数に連動したインデックス型から、高配当株や成長株などの様々なテーマに投資するアクティブ型、複数の金融商品に投資するバランス型まで、運用スタイルに応じて様々な種類の投資信託があります。

 
たとえば、日本経済が好調になると考える場合には、投資対象を日本株にしているファンドが考えられます。また、米国や欧州といった先進国に投資したい場合は先進国を投資対象としたファンドが考えられますし、成長著しいインドやベトナムといった新興国に投資したい場合は新興国を投資対象としたファンドが考えられます。

 

投資先がいろいろあるために迷ってしまうという場合や、できるだけリスクを低減して手間なく運用したい場合には、国内外の株式や債券など幅広い投資先に分散して投資を行うことができるバランス型のファンドが活用できるでしょう。

 
それではPayPay証券のつみたて投資枠で投資できるファンドを4本の投資信託をご紹介します。

 

 

つみたて投資枠の参考ファンド4選

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

 

騰落率

1ヶ月

6ヶ月

1年

3年

設定来

4.74%

15.28%

34.58%

71.29%

133.53%

※データは2024年3月4日現在

 

約60%を占める米国株を筆頭に、全世界(日本を含む先進国・新興国)の約50ヶ国・地域に分散投資ができる、人気の投資信託です。

  

iFreeNEXT FANG+インデックス

 

騰落率

1ヶ月

6ヶ月

1年

3年

設定来

12.84%

31/79%

104.95%

110.78%

414.13%

※データは2024年3月4日現在

 

構成銘柄が少ないので1社の好調・不調の影響を受けやすく、値動きが激しい投資信託です。米国トップ企業に投資したいけど、自分で運用するのは面倒という人にオススメの投資信託です。

 

PayPay投信 日経225インデックス

 

騰落率

1ヶ月

6ヶ月

1年

3年

設定来

8.5%

10.3%

35.5%

-

31.7%

※データは2024年1月31日現在

 

ニュースや新聞などで日経平均株価を確認すれば値動きがわかりますので、投資初心者シンプルな投資信託を選びたい人におすすめです。

  

世界経済インデックスファンド

 

騰落率

1ヶ月

6ヶ月

1年

3年

設定来

4.04%

9.07%

22.69%

34.83%

255.93%

※データは2024年3月4日現在

 

株式と債券がほぼ半々なので、「株式オンリーはちょっと怖い」という方にオススメのバランスファンドです。外国の資産を中心に分散投資したい人におすすめの投資信託です。

 

 
※詳細な商品性は目論見書をご覧ください
記事作成日:2024年3月4日

ファイナンシャルプランナー
横山利香
短大卒業後、金融専門出版社やビジネス書出版社で雑誌の記者、書籍の編集者を経て、ファイナンシャルプランナー、国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト(CFTe)として独立。株式や不動産、外貨、投資信託など、資産運用をテーマとした執筆や講演活動、投資塾などを行う。株式や不動産への投資を中心に、為替などさまざまな金融商品への投資を行う。大学生の子どもがいる。

公開日:2024.3.8

銘柄情報/テーマ

シェアする
FacebookXnote

金融商品取引法に基づく表示事項

●本資料をお客様にご提供する金融商品取引業者名等
商号等:PayPay証券株式会社 https://www.paypay-sec.co.jp
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 2883号
加入協会:日本証券業協会
指定紛争解決機関:特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
●リスク・手数料相当額等について
証券取引は、株価(価格)の変動等、為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化や、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために元本損失が生じることがあります。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、
「リスク・手数料相当額等(https://www.paypay-sec.co.jp/service/cost/cost.html)」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。

免責事項等
●本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とし、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断で行ってください。
●本資料は、信頼できると考えられる情報源に基づいて作成されたものですが、基にした情報や見解の正確性、完全性、適時性などを保証するものではありません。本資料に記載された内容は、資料作成日におけるものであり、予告なく変更する場合があります。
●本資料に基づき行った投資の結果、何らかの損害が発生した場合でも、理由の如何を問わず、PayPay証券株式会社は一切の責任を負いません。
●電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、無断で本資料の一部または全部の複製、転載、転送等は行わないでください。