記事詳細

サービス一覧
新しいNISAで狙う長期投資銘柄5選
新しいNISAで狙う長期投資銘柄5選

従来から大幅にグレードアップする新しいNISA

2024年から新しいNISA(少額投資非課税制度)がスタートします。従来のNISAに比べて、投資枠の拡大や保有期間の無期限化など、投資家にとってはとても有利な改正になります。詳しい改正点はここでは割愛しますが、株式投資に興味のある人にとっては、まさに「神改正」。そこで、新しいNISA向き(成長投資枠)の銘柄をご紹介していきます。

 

花王(4452

洗剤や生理用品など家庭用品の国内最大手。2023年12月期の年間配当金は150を計画し、34期連続での増配見通し。連続増配記録は国内企業で最多連続増配継続企業だけに、株価下落時でも配当利回りの拡大が注目されやすい銘柄。

 

三菱重工業(7011

国内最大手の総合重機メーカー。事業分野は幅広く、とりわけ、強みを持つ原発、防衛などは政府が拡大戦略に舵を切った分野であり、今後の業績寄与が期待される。また、世界潮流の脱炭素関連分野、将来的な成長が見込まれる宇宙分野などの展開力にも期待が持てる。

 

プロクター・アンド・ギャンブル(PG

乳幼児用紙おむつ「パンパース」、衣料用洗剤「アリエール」、食器洗い用洗剤「ジョイ」、エアケア製品「ファブリーズ」などの各種一般消費財を手掛ける米国企業。株主還元に積極的で、2023年6月期まで67年連続で増配を行っており、連続増配記録は米国企業の中でも指折り。

 

エヌビディア(NVDA

米半導体メーカー。AI(人工知能)にも使われる画像処理半導体(GPUを手掛け、同分野向けでの世界シェアは約8と推定。AIの台頭、米中対立の激化などに伴い、半導体は地政学的な戦略物資としての価値が高まるなか、同社の存在は不可欠なものに。長期的な業容の拡大に伴う株価の値上がりが期待できる。

 

SPDR S&P 500 ETF(SPY

S&P500種指数に連動する投資成果を目指す米国籍のETF(上場投資信託)。S&P500種指数の全構成銘柄を組み入れ、保有銘柄のウエートは時価総額ベースで算定。米国ETF第1号として1993年1月に設定される。投資対象は米国株式市場そのものともいえ、長期の運用実績を誇る。

 

記事作成日:20231010

金融商品取引法に基づく表示事項

●本資料をお客様にご提供する金融商品取引業者名等
商号等:PayPay証券株式会社 https://www.paypay-sec.co.jp
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 2883号
加入協会:日本証券業協会
指定紛争解決機関:特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター

●リスク・手数料相当額等について
証券取引は、株価(価格)の変動等、為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化や、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために元本損失が生じることがあります。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、
「リスク・手数料相当額等(https://www.paypay-sec.co.jp/service/cost/cost.html)」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。

免責事項等
●本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とし、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断で行ってください。
●本資料は、信頼できると考えられる情報源に基づいて作成されたものですが、基にした情報や見解の正確性、完全性、適時性などを保証するものではありません。本資料に記載された内容は、資料作成日におけるものであり、予告なく変更する場合があります。
●本資料に基づき行った投資の結果、何らかの損害が発生した場合でも、理由の如何を問わず、PayPay証券株式会社は一切の責任を負いません。
●電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、無断で本資料の一部または全部の複製、転載、転送等は行わないでください。