記事詳細

サービス一覧
ソニーは出遅れ銘柄の期待の星になれるのか?
ソニーは出遅れ銘柄の期待の星になれるのか?

特定の銘柄の値動きを追いかけてみる「あの銘柄を買ってみた!」

今回はソニーを取り上げます。正式名称はソニーグループ、証券コードは6758で、プライム市場に上場しています。

 

日本株大幅高の中で意外な出遅れ銘柄

日経平均は3月4日に4万円の大台に乗せました。昨年末の終値は33,464.17円で、2カ月ちょっとでざっくり20%上昇しています。この間は大型株が上昇を先導しており、誰でも知っているような企業の株価が大きく上昇しました。

 

ただ、その中でソニーはさえない動きとなっています。以下の表では、昨年末から3月4日までの主要な銘柄の騰落率を掲載しています。

 

主要銘柄の株価騰落率(2023年末~2024年3月4日)

銘柄 2023年12月29日終値 2024年3月4日終値 勝落率(%)
日経平均株価 33,464.17 40,109.23 19.9
東京エレクトロン 25,255 39,290 55.6
ソフトバンクグループ 6,293 8,934 42.0
トヨタ自動車 2,590.5 3,662 41.4
三菱UFJフィナンシャル・グループ 1,211.5 1,569 29.5
ソニーグループ 13,410 13,025 -2.9

 

トヨタ<7203>やソフトバンクG<9984>が40%以上上昇している一方で、ソニーはマイナスとなっています。日本を代表する企業の一つというイメージはあるだけに、やや意外感のある動きです。

 

3Q決算が嫌気されて急失速

今年に入ってからの値動きを見てみましょう。2023年末の株価は13,410円でしたが、1月に入って早々に大きく上昇し、1月23日には14,915円まで水準を切り上げました。しかし、第3四半期の決算失望材料となって2月15日に大幅安。売りが止まらず2月29日には12,590円まで下落しました。13,000円を割り込んだところで、下げ一服感が出てきたかどうかという状況です。

 

 

中期では緩やかに上値と下値を切り上げる

先ほどのチャートは日足でしたが、週足のチャートも見てみましょう。

 

 

今年に入ってからの上昇で、2023年6月につけた14,100円は上回っています。また、2023年8月の安値が11,755円、同年10月の安値が12,005円、そして直近安値が12,945円と、下値に関しても切り上がっています

 

緩やかではありますが上値と下値がともに切り上がっていますので、中期目線では上昇トレンドが継続中と考えられます。

 

出遅れ修正の動きは見られるか?

日経平均が歴史的な上昇となっていますが、その分、ここから個別銘柄を買うことに警戒感を持っている方も多いと思われます。そのような中、昨年末比で下落とかなり取り残されているソニーの巻き返しがあるのかどうか。ぜひ、この先の値動きをご自身なりのストーリーを持ってイメージしてみてください。

 

こういった銘柄が大きく上昇してくれば、株式市場では出遅れ感のある銘柄を掘り下げる動きが活発になると思われます。一方、弱い動きが続くようだと、東京エレクトロンやトヨタなど、勝ち組銘柄に資金がさらに集中する展開が予想されます。出遅れ銘柄の期待の星になれるのか、要注目です。

 

記事作成日:2024年3月5日

(DZHフィナンシャルリサーチ)

金融商品取引法に基づく表示事項

●本資料をお客様にご提供する金融商品取引業者名等
商号等:PayPay証券株式会社 https://www.paypay-sec.co.jp
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 2883号
加入協会:日本証券業協会
指定紛争解決機関:特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター

●リスク・手数料相当額等について
証券取引は、株価(価格)の変動等、為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化や、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために元本損失が生じることがあります。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、
「リスク・手数料相当額等(https://www.paypay-sec.co.jp/service/cost/cost.html)」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。

免責事項等
●本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とし、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断で行ってください。
●本資料は、信頼できると考えられる情報源に基づいて作成されたものですが、基にした情報や見解の正確性、完全性、適時性などを保証するものではありません。本資料に記載された内容は、資料作成日におけるものであり、予告なく変更する場合があります。
●本資料に基づき行った投資の結果、何らかの損害が発生した場合でも、理由の如何を問わず、PayPay証券株式会社は一切の責任を負いません。
●電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、無断で本資料の一部または全部の複製、転載、転送等は行わないでください。