記事詳細

サービス一覧
大掃除でお金が貯まる2つのコツ
大掃除でお金が貯まる2つのコツ

さあ、そろそろ大掃除の季節!

 

大掃除は部屋がきれいになるだけでなく、実はお金が貯まる大きなチャンスだとご存じでしょうか?

 

今回は、大掃除でお金を貯めるコツをお伝えします!

 

片づけをしないとお金が逃げていく

 

今、自分の部屋にあるものは、本当に必要なものでしょうか?

 

目に見えているところだけでなく、収納しているものについても考えてみましょう。

 

もし不要なものが多いと、お金が出ていってしまう原因になるので要注意です!

 

例えば、使いたいものが見つからず、もう1つ買うことになったり、収納場所を増やすために収納BOXを買ったり

 

また、散らかった部屋から出ていきたくなり、食事代や電車代がかさんでしまったり

 

イライラすると、そのストレスを「買い物」で発散することにもつながります。

 

部屋が片付いていないと、本来使う必要のなかったお金が逃げていってしまうのです。

 

コツ1.フリマアプリ

  

そこで、年末の大掃除が大チャンス!いろいろな場所の片付けをしてみましょう。

 

目につく場所だけではなく、クローゼットや棚の奥の方にあるものも確認してみてください。

 

不要なもの、今後も使う予定がなさそうなものがあったら、思いきって手放してしまいましょう。

 

フリマアプリで売れば、おこづかいにもなりますし、「片づけなきゃ」と思い続けた気持ちが軽くなるはずです。

 

部屋もすっきりして、いいことづくめですよね。

 

コツ2.フリーマーケットや不用品回収

 

とはいえ、フリマアプリは少々時間と手間がかかりますので、忙しい人は他の方法も試してみては?

 

フリーマーケットなら、個別の発送作業が不要で、その日1日で完結します。売れなかったものはニーズがないと考え、処分するのも一案。すっきりしますよね。

 

また最近は、不用品を段ボール箱に詰めて送ると、まとめて買い取ってくれるサービスもあります。あまり高くは買い取ってもらえませんが、手間がほとんどかかりません

 

部屋が片付けば、さらにお金が貯まる?

  

不要なものがなくなり、すっきりすれば、今まで以上にリラックスできる部屋になるでしょう。

 

家にいる時間が増えれば、外食の回数も減って自然と支出が抑えられるはずです。

 

友達を呼んで、ホームパーティーをする機会も増えそう!

 

ホームパーティーなら、みんなで外食をするよりもゆっくりできますし、お金もそう多くかからないことが多いでしょう。

 

年末の大掃除のタイミングで部屋の片付けもすれば、お金が貯まる大チャンスです!

 

ちょっとだけ重い腰をあげてみませんか?

 

記事作成日:20231124

 

ファイナンシャルプランナー
西山美紀
出版社勤務後、2005年に独立し、FP資格を取得。生き方、マネーなどをテーマに、単に貯蓄額を増やすのではなく、日々にうるおいをもたらすお金の使い方・貯め方・増やし方を女性誌やWEBで発信。監修・講演等も。著書に『お金の増やし方』(主婦の友社)等。

金融商品取引法に基づく表示事項

●本資料をお客様にご提供する金融商品取引業者名等
商号等:PayPay証券株式会社 https://www.paypay-sec.co.jp
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 2883号
加入協会:日本証券業協会
指定紛争解決機関:特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター

●リスク・手数料相当額等について
証券取引は、株価(価格)の変動等、為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化や、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために元本損失が生じることがあります。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、
「リスク・手数料相当額等(https://www.paypay-sec.co.jp/service/cost/cost.html)」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。

免責事項等
●本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とし、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断で行ってください。
●本資料は、信頼できると考えられる情報源に基づいて作成されたものですが、基にした情報や見解の正確性、完全性、適時性などを保証するものではありません。本資料に記載された内容は、資料作成日におけるものであり、予告なく変更する場合があります。
●本資料に基づき行った投資の結果、何らかの損害が発生した場合でも、理由の如何を問わず、PayPay証券株式会社は一切の責任を負いません。
●電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、無断で本資料の一部または全部の複製、転載、転送等は行わないでください。