記事詳細

サービス一覧
「お金を増やす」ことが大切な理由3つ
「お金を増やす」ことが大切な理由3つ

前回の記事では、「お金を貯めること」の大切さをお伝えしました。

今回は、「お金を増やす」ことが大切な理由を3つお伝えします。

 

理由1「やりたいこと」をあきらめなくて済むから

 

やりたいこと」はありますか?

 

お金があればできるけど……」と、あきらめていることはありませんか?

 

もし、お金を増やすことができれば、お金が足りなくてあきらめていたことができるようになります。

 

やりたいことの優先順位1番、2番、3番までしかできなかったのが、4番や5番、とたくさんチャレンジできるようになるのです。

 

お金を上手に増やせられると、夢をたくさん叶えられて、自分の将来が豊かになりますよね。

 

理由2「お金にも働いてもらう機会」を活かせるから

 

お金を増やす方法には、大きく3つあることをご存じでしょうか。

 

収入を増やす」と「支出を減らす」、そして「お金に働いてもらう」の3つです。

 

「収入を増やす」と「支出を減らす」は、方法を考えたり、試したりしたことがあるでしょう。

 

ところが、「お金に働いてもらう」については、まだチャレンジしていない人も多いかもしれません。

 

ずいぶん前の金利が高かった時代は、銀行に預金をしておくだけで、利息でお金がどんどん増えました。お金が働いてくれていたのですね。

 

でも、今は超低金利時代で、預金だけではお金はなかなか増えません。リスクはありますが、お金の働く場所を変えて、運用にまわすという選択肢もあります。

 

もし、まとまったお金があれば、お金にも働いてもらって増やすのもありです。

 

お金を増やす3つの方法、ぜひチャレンジしてみましょう。

 

理由3「インフレ」に対抗したいから

 

「あれ? この前より高くなっている……」と、買い物で最近よく感じませんか?

 

生活必需品を中心に、モノの値上がりが続いています。この傾向はしばらく続くようです。

 

モノの値段が上がる時に注意したいことは、「現金の価値の目減り」です。「現金の価値の目減り」とは、自分が持っている現金の価値がどんどん減ってしまうことです。

 

仮に年2%の物価上昇があった場合、10年後には、今持っている100万円で82万円相当のものしか買えなくなります。

 

がんばって100万円を貯めても、そのままにしておくと物価上昇に負けてしまうのです。

 

そこで、インフレに対処するために、お金を運用にまわすことを検討しましょう。物価上昇で企業の利益が上がれば、株価がプラスになっていく可能性もあります。

 

「お金を増やす」ことを少額で試してみよう

 

ここで一つ注意点です。お金を増やそうと、いきなり大きなお金を投資するのはちょっと待ってください。投資は、お金が増える可能性がありますが、減る可能性もあることを頭に入れておく必要があります。

 

投資の経験を積むために、まずは少額からチャレンジしてみましょう。

 

投資信託」なら、日本の株だけでなく、世界中の株にまとめて投資をすることもできて、月1,000円程度から積み立てができます。

 

積み立て投資は、購入タイミングを分散してくれます。安い時にはたくさん、高い時には少し買うのを自動的にやってくれます。相場は変動するので、積み立てで買う時期を分散させましょう。たとえ相場が安くなったとしても、怖くなって積み立て投資をやめず、5年、10年と長く続けたいですね。

 

まずは、少額から「お金を増やす」ことにトライしてみませんか?

 

記事作成日:2023年9月15日

 

ファイナンシャルプランナー
西山美紀
出版社勤務後、2005年に独立し、FP資格を取得。生き方、マネーなどをテーマに、単に貯蓄額を増やすのではなく、日々にうるおいをもたらすお金の使い方・貯め方・増やし方を女性誌やWEBで発信。監修・講演等も。著書に『お金の増やし方』(主婦の友社)等。

金融商品取引法に基づく表示事項

●本資料をお客様にご提供する金融商品取引業者名等
商号等:PayPay証券株式会社 https://www.paypay-sec.co.jp
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 2883号
加入協会:日本証券業協会
指定紛争解決機関:特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター

●リスク・手数料相当額等について
証券取引は、株価(価格)の変動等、為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化や、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために元本損失が生じることがあります。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、
「リスク・手数料相当額等(https://www.paypay-sec.co.jp/service/cost/cost.html)」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。

免責事項等
●本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とし、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断で行ってください。
●本資料は、信頼できると考えられる情報源に基づいて作成されたものですが、基にした情報や見解の正確性、完全性、適時性などを保証するものではありません。本資料に記載された内容は、資料作成日におけるものであり、予告なく変更する場合があります。
●本資料に基づき行った投資の結果、何らかの損害が発生した場合でも、理由の如何を問わず、PayPay証券株式会社は一切の責任を負いません。
●電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、無断で本資料の一部または全部の複製、転載、転送等は行わないでください。