投資をはじめたい!その資金はどこから出せばいい?

投資をはじめたい!その資金はどこから出せばいい?

目次

投資をするのに、やっぱり大金は必要?

月100円や1,000円からでも投資できる!

とはいえ「投資資金がない!」という人は…

浮いたお金を、投資にまわそう

「投資をはじめてみたいけれど・・・」と、一歩踏み出せていない人もいるのでは?

踏み出せない理由が「投資資金がないから」という人も多いでしょう。

ではいったい、どうしたらいいのでしょうか。

今回はNISAで投資を始めるときの「資金の出し方」についてお伝えします!

 

投資をするのに、やっぱり大金は必要?

 

投資をしようと思ったら、「大きな金額がいるのでは?」と思っている人も多いはず。

SNSなどでは、「投資で何十万円儲かった」「何百万円も増えた」という話題を見かけます。

そうすると「投資には、何十万円かは必要なのかな…」と思ってしまうのも無理はありません。

でも今の時代、ものすごく小さな金額から始められるんです。

 

月100円や1,000円からでも投資できる!

 

 たくさんの株式などに分散して投資する「投資信託」などが、PayPay証券では、月100円や1,000円などと、お茶やランチくらいのお金からスタートできるんです。少額から資産運用がはじめられるので、誰でも投資しやすい時代になりました。

つまり、何十万円ものお金がなくても、投資を始められるのです。

 

投資信託はNISAでも買えるので、月100円や1,000円から非課税で投資を始められるということ!

意外と、ハードルが低いと思いませんか?

 

とはいえ「投資資金がない!」という人は…

 

とはいっても、「投資のために、預貯金を崩すのはちょっと…」と躊躇する人もいるでしょう。

そういう人は、ムダな支出をカットして、投資資金を生み出しましょう。

 

例えば、スマホの契約プランを見直したり、不要なサブスクリプションなどのサービスをカットしたりすれば、月数千円以上は浮くはずです。

また、電力会社を、自身の使い方にあったものに乗り換えれば電気代が下がる可能性があります。

 

この機会に、毎月一定額出ていくお金要不要を確認して、ムダな支出をカットしましょう。月に数千円は、意外とカットできる余地があると思います!

浮いたお金を、投資にまわそう

 

ムダな支出がカットできたのはいいけれど、浮いたお金でムダ遣いをしてしまっては意味がありません。

せっかくなので、NISAで投資信託のつみたて投資をはじめてみませんか?

預貯金とは異なり元本が保証されていないので、資産が増えたり減ったりすることを頭に入れながら、5年、10年と長くつみたてていくことで、じっくり増やすことを目指しましょう。

 

ムダな支出をカットして浮いたお金なら、投資を始めやすいのではないでしょうか?

もしムダな支出を月1万円カットできた場合、その1万円をそのままつみたて投資に回しても良いと思います。

 

万一に備えてお金も貯めておきたい人は、預貯金を月5,000円、投資信託のつみたてを月5,000円などと、預貯金と投資の両方を進めることをおすすめします!

 

記事作成日:2024年2月2日

 

ファイナンシャルプランナー
西山美紀
出版社勤務後、2005年に独立し、FP資格を取得。生き方、マネーなどをテーマに、単に貯蓄額を増やすのではなく、日々にうるおいをもたらすお金の使い方・貯め方・増やし方を女性誌やWEBで発信。監修・講演等も。著書に『お金の増やし方』(主婦の友社)等。

公開日:2024.2.19

ライフ&マネー

シェアする
FacebookXnote

金融商品取引法に基づく表示事項

●本資料をお客様にご提供する金融商品取引業者名等
商号等:PayPay証券株式会社 https://www.paypay-sec.co.jp
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 2883号
加入協会:日本証券業協会
指定紛争解決機関:特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
●リスク・手数料相当額等について
証券取引は、株価(価格)の変動等、為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化や、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために元本損失が生じることがあります。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、
「リスク・手数料相当額等(https://www.paypay-sec.co.jp/service/cost/cost.html)」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。

免責事項等
●本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とし、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断で行ってください。
●本資料は、信頼できると考えられる情報源に基づいて作成されたものですが、基にした情報や見解の正確性、完全性、適時性などを保証するものではありません。本資料に記載された内容は、資料作成日におけるものであり、予告なく変更する場合があります。
●本資料に基づき行った投資の結果、何らかの損害が発生した場合でも、理由の如何を問わず、PayPay証券株式会社は一切の責任を負いません。
●電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、無断で本資料の一部または全部の複製、転載、転送等は行わないでください。