記事詳細

サービス一覧
NISAのつみたて投資枠で購入する投資信託を選ぶ3つのポイント
NISAのつみたて投資枠で購入する投資信託を選ぶ3つのポ...

NISAのつみたて投資枠で購入する投資信託を選ぶ3つのポイント

 

みなさん、こんにちは!大学生の子供がいるファイナンシャルプランナーの横山利香です。

 

NISA(少額投資非課税制度)を始めたいと思っても、「購入するタイミングがわからないどころか、そもそも何を購入すればいいのかわからない!」と迷っている方も多くいるかもしれません。

 

新しいNISAはつみたて投資枠成長投資枠の二つに分かれていて、使い分けることができます。購入するタイミングがわからないと思っている方は、定期的にコツコツつみたてで購入できるつみたて投資枠の利用を検討してみましょう。

 
つみたて投資枠は、金融庁の基準を満たした長期のつみたて・分散投資に適した投資信託を、つみたて形式で購入することができます。NISAで購入できる投資信託は、NISA口座を開設した金融機関によって異なります。もし購入したい投資信託があらかじめ決まっている場合は、口座開設をする際に取り扱っているかを確認しておきましょう。

  
なお、PayPay証券で取り扱っている投資信託の一覧はこちらです。
とはいえ、投資信託は種類も本数も多いので「どれを購入すればいいのだろう・・・」と迷ってしまうことも少なくはないでしょう。
そこで今回は投資信託を選ぶポイントを3つご紹介します。

 

ポイント①投資対象は何か

 
1つ目のポイントは、何に投資をしている投資信託なのかです。投資対象はリスクリターンに大きな影響があるからです。

 
例えば株式に投資をしている投資信託は大きなリターンを狙えますが、その分リスクも比較的に大きくなります。一方で、債券を投資対象としているものはリターンが小さい分リスクもあまり大きくありません

 

ご自身の資産運用の目的と許容できるリスクを考えた上で、投資信託を選んでみると良いでしょう。

 
それでも迷うなら、さまざまな投資対象に投資をしているバランス型の投資信託を選ぶという方法もあります。

 

ポイント②為替の影響

 

 
2つ目のポイントは「為替変動のリスクに注目する」です。外国に投資を行っている投資信託は為替の影響を受けます。つまり、為替の動きによっては投資対象自体に変動がなくても購入時よりも値下がりする場合があり、損失が発生することがあるということです。たとえば、円高になった場合は外貨建ての投資信託は価額が目減りしますので、損失が発生する場合があります。

 

為替に振り回されたくないという方は、為替の変動によるリスクを軽減するために「為替ヘッジあり」という投資信託を選ぶこともできます。ただし、「為替ヘッジなし」よりも少しコストは高くなるデメリットもあります。

 
または、直接的には為替の影響を受けない日本国内を投資対象としている投資信託を選ぶ手もあります。

 

ポイント③保有にかかるコスト負担

 


新しいNISAでは、非課税期間が無期限なので時間を味方につけて投資することができます。ただ、投資する時間が長ければ長いほど、保有にかかるコスト(信託報酬など)の負担が増えることになります。保有にかかるコストは少ない方がよいでしょう。
もちろん、販売時にかかる手数料(販売手数料)もない方がオトクです。PayPay証券の取扱投資信託は、すべて販売手数料が無料です。

つみたて投資枠は、基本的には長い期間コツコツと投資をしていくわけですから、以上3つのポイント、「投資先」「為替の影響」「コスト負担」を踏まえて選ぶようにしましょう。

 

記事作成日:2023年12月20日

ファイナンシャルプランナー
横山利香

短大卒業後、金融専門出版社やビジネス書出版社で雑誌の記者、書籍の編集者を経て、ファイナンシャルプランナー、国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト(CFTe)として独立。株式や不動産、外貨、投資信託など、資産運用をテーマとした執筆や講演活動、投資塾などを行う。株式や不動産への投資を中心に、為替などさまざまな金融商品への投資を行う。大学生の子どもがいる。

金融商品取引法に基づく表示事項

●本資料をお客様にご提供する金融商品取引業者名等
商号等:PayPay証券株式会社 https://www.paypay-sec.co.jp
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 2883号
加入協会:日本証券業協会
指定紛争解決機関:特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター

●リスク・手数料相当額等について
証券取引は、株価(価格)の変動等、為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化や、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために元本損失が生じることがあります。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、
「リスク・手数料相当額等(https://www.paypay-sec.co.jp/service/cost/cost.html)」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。

免責事項等
●本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とし、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断で行ってください。
●本資料は、信頼できると考えられる情報源に基づいて作成されたものですが、基にした情報や見解の正確性、完全性、適時性などを保証するものではありません。本資料に記載された内容は、資料作成日におけるものであり、予告なく変更する場合があります。
●本資料に基づき行った投資の結果、何らかの損害が発生した場合でも、理由の如何を問わず、PayPay証券株式会社は一切の責任を負いません。
●電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、無断で本資料の一部または全部の複製、転載、転送等は行わないでください。