【2024年2月】NISA 人気銘柄ランキング

【2024年2月】NISA 人気銘柄ランキング

目次

NISAつみたて投資枠【投資信託】

NISA成長投資枠【投資信託】

NISA成長投資枠【米国株/ETFランキング】

NISA成長投資枠【日本株ランキング】

2024年2月のNISA(少額投資非課税制度)でみんな何を買ったのか、商品ごとにPayPay証券での買付金額ランキングをご紹介します。

 

NISAつみたて投資枠【投資信託】

 

つみたて投資枠では、インデックスファンドが人気となっています。米国株全世界株のファンドが人気ですが、最近の日経平均株価の史上最高値更新もあってか、日本株ファンドも上位にランクインしています。

 

また、米国のテック銘柄に投資するiFreeNEXT FANG+インデックスが6位になっています。FANGは、メタ・プラットフォームズ(Meta Platforms[旧Facebook])、アマゾン・ドット・コム(Amazon)、ネットフリックス(Netflix)、アルファベット(Alphabet[旧Google])の頭文字をつないだ造語です。これらの銘柄に加えて、マイクロソフトアップルエヌビディアテスラブロードコムスノーフレイクの計10銘柄に均等投資をします。集中投資をする代わりに高い収益を期待でき、人気となっているようですね。

 

NISA成長投資枠【投資信託】

 

成長投資枠では、HSBC インド オープンがランクインしました。インドは経済の高い成長力などが注目され、インド関連ファンドを購入する人が増えています。このファンドはインド国内の企業や、収益のかなりの部分をインド国内の活動から得ている、インド以外の国の企業を投資対象にしています。インド株等に投資したいという方は、ぜひ活用してみてください。

 

9位の三菱UFJ 純金ファンドは、国内取引所の金価格の値動きに連動することを目指すファンドです。金はリスクヘッジ資産として買われることもありますが、このファンドは直近5年間で約2.1倍も上昇しており、値上がりを期待して買っている人も多そうです。

 

NISA成長投資枠【米国株/ETFランキング】

 

米国株/ETFランキングは、1~6位までを大手テック企業が占めています。半導体メーカーのエヌビディアAI(人工知能)関連銘柄の筆頭として、株式市場でも話題になることが多いです。9位のアドバンスト・マイクロ・デバイセズも同じく半導体メーカーとして注目されています。

 

また、米国株は、ナスダック市場の時価総額上位100社(金融除く)で構成されるナスダック100史上最高値を更新するなど上昇が続いています。それに伴って、ナスダック100の値動きに連動することを目指すインベスコQQQトラストシリーズ1を買っている人も多いみたいですね。

 

NISA成長投資枠【日本株ランキング】

 

米国でAI(人工知能)に必要な半導体銘柄が上昇している影響もあり、日本でも半導体銘柄が注目されています。ランキングでは、半導体製造に必要な洗浄装置などで世界シェアトップのSCREENホールディングスが1位となりました。また、多くの半導体製造装置で世界シェア1位の東京エレクトロンも買われています。

 

日本株は海外投資家による見直し買いが続いており、2位のトヨタ自動車が日本企業として初めて時価総額60兆円を超えるなど、今後も上昇が期待できる銘柄が多くあります。

 

 
※各銘柄の詳細は目論見書やホームページ等でご確認ください
記事作成日:2024年3月6日

公開日:2024.3.6

NISA

FacebookXnote

金融商品取引法に基づく表示事項

●本資料をお客様にご提供する金融商品取引業者名等
商号等:PayPay証券株式会社 https://www.paypay-sec.co.jp
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 2883号
加入協会:日本証券業協会
指定紛争解決機関:特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
●リスク・手数料相当額等について
証券取引は、株価(価格)の変動等、為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化や、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために元本損失が生じることがあります。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、
「リスク・手数料相当額等(https://www.paypay-sec.co.jp/service/cost/cost.html)」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。

免責事項等
●本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とし、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断で行ってください。
●本資料は、信頼できると考えられる情報源に基づいて作成されたものですが、基にした情報や見解の正確性、完全性、適時性などを保証するものではありません。本資料に記載された内容は、資料作成日におけるものであり、予告なく変更する場合があります。
●本資料に基づき行った投資の結果、何らかの損害が発生した場合でも、理由の如何を問わず、PayPay証券株式会社は一切の責任を負いません。
●電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、無断で本資料の一部または全部の複製、転載、転送等は行わないでください。