【投資相談室】テレビで「オルカンとS&P500が良い」って話がありましたが、これって鵜呑みにしていいんですか?

【投資相談室】テレビで「オルカンとS&P500が良い」って話がありましたが、これって鵜呑みにしていいんですか?

目次

Q<初心者>:テレビで「オルカンとS&P500が良い」って話がありましたが、これって鵜呑みにしていいんですか?

オルカンとS&P500の組み合わせは…

皆さま、こんにちは。PayPay証券オウンドメディア「資産運用の1st STEP」編集長の臼田琢美です。今回は初心者の方のご質問です。このテレビ番組を観て資産運用をはじめようと思った方が多かったようですね。

  

 

Q<初心者>:テレビで「オルカンとS&P500が良い」って話がありましたが、これって鵜呑みにしていいんですか?

 

「評判の良い人気ファンド」ということは間違いない

A:2024年からの「新しいNISA」のスタートで、マスコミでも資産運用に関する話題が増えてきました。専門家や個人投資家の体験談など、多くの参考になる話がありますのでありがたいですね。

オルカン」とはオール・カントリーの略で、世界中の株式に幅広く分散投資するインデックスファンドのことです。「S&P500」は米国株の株価指数の一種で、それに連動するインデックスファンドのことです。

ご相談の「オルカンとS&P500が良い」という話は今に始まった話ではありません。オルカンの代表的なファンドである「eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)」は、投信ブロガーが選ぶファンドオブザイヤーで5年連続1位を受賞しています。純資産総額も2020年1月は約116億円だったのが、2024年1月29日時点で約2兆2,500億円にまで増えています。ちなみにeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の純資産総額は約3兆4,000億円です。

ですので、「評判の良い人気ファンド」ということは間違いないと思います。

ただし、だからといってそれが貴方にとっても良いかというと別の話です。この2つのファンドは株式に投資するファンドですから、大きく損をするリスクもあります。もし、「大きなリターンを目指すよりも、大きな損失は避けたい」という投資方針なら、あまり合っているとは言えません。より安定的な債券に投資する割合の大きいファンドの方が向いています。

株式に投資するファンドでリターンを目指したい人にとっては、オルカンとS&P500は代表的な選択肢と言えます。同種のファンドは他にもいくつかありますので、見比べて選ぶことをオススメします。誰かが良いと言っていたからと鵜呑みにするのは何事においても良くはないですね。

  

 

オルカンとS&P500の組み合わせは…

最後に、オルカンとS&P500はそれぞれ良い選択肢ではありますが、この2つを組み合わせて持つことはあまりオススメできません。S&P500はまるごと米国株ですが、オルカンも現状で中身の約6割は米国株です。どちらのファンドも組み入れ上位はアップル、マイクロソフト、アマゾン、アルファベット、メタ、エヌビディア、テスラと、いわゆる「マグニフィセント・セブン」と呼ばれるお馴染みの銘柄が並んでいます。

仮にオルカンとS&P500を半分ずつ持っている場合、世界の株式と米国株に半々投資しているつもりでも、実際は米国株が約8割を占めます。それを理解した上ならば問題ありませんが、世界と米国に分散しているつもりなら、それはやりたいこととやっていることにギャップがあります。

もっと分散して世界中の株式に投資したいなら、新興国ファンド先進国ファンドを組み合わせれば米国株の比率も下がりバランスが良くなります。

 

「何が良いか?」の前に、自分が「やりたいこと」と「やっていること」を理解することからはじめましょう!

 

皆さまからの投資相談を、ぜひお気軽にX(旧Twitter)TikTokなどにお送りください。

公開日:2024.2.2

投資相談室

シェアする
FacebookXnote

金融商品取引法に基づく表示事項

●本資料をお客様にご提供する金融商品取引業者名等
商号等:PayPay証券株式会社 https://www.paypay-sec.co.jp
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 2883号
加入協会:日本証券業協会
指定紛争解決機関:特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
●リスク・手数料相当額等について
証券取引は、株価(価格)の変動等、為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化や、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために元本損失が生じることがあります。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、
「リスク・手数料相当額等(https://www.paypay-sec.co.jp/service/cost/cost.html)」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。

免責事項等
●本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とし、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断で行ってください。
●本資料は、信頼できると考えられる情報源に基づいて作成されたものですが、基にした情報や見解の正確性、完全性、適時性などを保証するものではありません。本資料に記載された内容は、資料作成日におけるものであり、予告なく変更する場合があります。
●本資料に基づき行った投資の結果、何らかの損害が発生した場合でも、理由の如何を問わず、PayPay証券株式会社は一切の責任を負いません。
●電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、無断で本資料の一部または全部の複製、転載、転送等は行わないでください。