記事詳細

サービス一覧
10年債利回り/原油価格上昇/岸田政権内閣改造【今週のマーケット展望】
10年債利回り/原油価格上昇/岸田政権内閣改造【今週のマ...

10年債利回り/原油価格上昇/岸田政権内閣改造【今週のマーケット展望】(2023/09/11)

【今週のポイント】

米国10年債利回りの上昇で、日米の株式市場の上値は重くなりそう
・サウジアラビアの減産延長による原油価格の上昇も気になるところ
・マーケットの注目は、今週発表の消費者物価指数(CPI)
・強気相場が続いた日本株市場は利益確定売りなどに注意


【キーワード解説】

原油価格

◆米国株

◎足元で米国10年債利回り上昇、高止まりしている
◎これは、利上げ停止への期待感は高まっているものの、依然として警戒する動きがあることを示している
米国10年債利回りの上昇は株式市場にとってネガティブ要因
サウジアラビアが原油の減産延長を決めたことで原油価格が上昇
◎今週は、消費者物価指数(CPI)の発表に注目が集まりそう
 

◆日本株

日経平均株価上昇は8連騰でストップしたものの、その後も強気相場は継続中
◎ただ、米国10年債利回り原油価格の上昇など、気になる材料も
◎週半ばには、岸田政権の内閣改造が予定されているが、株式市場に大きな影響はなさそう
日経平均は直近8連騰したこともあり、今週は利益確定の売りもありそう
◎今週の日本株市場は、米国株市場の動きを意識した展開となりそう
  

【キーワード解説】原油価格

◎原油価格の上昇は、ガソリン価格だけではなく、石油が原材料になっているすべての製品(プラスチックや化学繊維など)に影響を及ぼすことに
◎原油価格が上昇することでモノの値段が上昇し、インフレの一因にもなる
◎現在、多くの国々がインフレに悩んでおり、原油価格の上昇はよりネガティブ要因
◎今回は、産油国であるサウジアラビアが原油の自主減産12月まで延長したことで、原油価格が上昇
◎原油価格の指標は、WTI原油価格北海ブレント原油先物価格が有名
 

◆注目イベント (日本時間)

9月11日(月)
・米国:決算発表(フューエルセル・エナジー)
9月12日(火)
・米国:決算発表(オラクル)
・日本:決算発表(三井ハイテック)
9月13日(水)
・米国:消費者物価指数(CPI)
・日本:岸田政権内閣改造(見込み)
・日本:決算発表(セルソース)
9月14日(木)
・米国:生産者物価指数(PPI)
・ユーロ:ECB政策金利
・日本:決算発表(プレミアアンチエイジング)
9月15日(金)
・米国:決算発表(アドビ)

金融商品取引法に基づく表示事項

●本資料をお客様にご提供する金融商品取引業者名等
商号等:PayPay証券株式会社 https://www.paypay-sec.co.jp
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 2883号
加入協会:日本証券業協会
指定紛争解決機関:特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター

●リスク・手数料相当額等について
証券取引は、株価(価格)の変動等、為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化や、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために元本損失が生じることがあります。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、
「リスク・手数料相当額等(https://www.paypay-sec.co.jp/service/cost/cost.html)」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。

免責事項等
●本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とし、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断で行ってください。
●本資料は、信頼できると考えられる情報源に基づいて作成されたものですが、基にした情報や見解の正確性、完全性、適時性などを保証するものではありません。本資料に記載された内容は、資料作成日におけるものであり、予告なく変更する場合があります。
●本資料に基づき行った投資の結果、何らかの損害が発生した場合でも、理由の如何を問わず、PayPay証券株式会社は一切の責任を負いません。
●電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、無断で本資料の一部または全部の複製、転載、転送等は行わないでください。