記事詳細

サービス一覧
早期利下げ期待後退/エヌビディア決算発表/日経平均史上最高値なるか【今週のマーケット展望】
早期利下げ期待後退/エヌビディア決算発表/日経平均史上最...

早期利下げ期待後退/エヌビディア決算発表/日経平均史上最高値なるか【今週のマーケット展望】

 

【今週のポイント】

早期利下げ期待後退。米国の利下げ開始は、5月以降のFOMCの可能性
・米半導体大手のエヌビディア決算発表
日経平均株価史上最高値を意識した展開へ
円安が進行する為替市場。為替介入なら日本株にはネガティブ要因

 

【キーワード解説】

日経平均の史上最高値

 

◆米国株

◎注目された消費者物価指数(CPI)や生産者物価指数(PPI)が予想を上回ったことで、早期利下げ期待後退
◎現状では、5月以降のFOMC(連邦公開市場委員会)での利下げ開始がコンセンサス(市場予想)
◎半導体大手のエヌビディア決算発表へ。市場の期待が大きいだけに好決算でも油断は禁物
◎今週は、FOMCメンバーによる発言の場が多く、市場の変動要因になる可能性も

 

◆日本株

日経平均株価は1989年12月以来となる3万8,915円を目指す展開へ
◎日経平均の史上最高値更新や心理的節目の4万円を突破すれば、達成感から一時的な調整も
◎外国為替市場では円安が進んでおり、要人発言為替介入に要注意
◎為替介入などで円高推移となれば、日本株市場にとってはマイナス要因

 

【キーワード解説】日経平均の史上最高値

◎日経平均株価の史上最高値は、1989年12月29日の3万8,915円87銭(終値ベース)
◎当時はバブル時代の真っただ中で、不動産価格や株式市場の急騰が続いていた
◎1989年12月の東証1部のPER(株価収益率)は60倍台だったが、現在のプライム市場のPERは16倍と、当時に比べてまだ割安水準
◎最近の株式関係者の間では、3万8,915円(砂漠へ行こう)が合言葉にもなっている
◎ちなみに1989年末のNYダウは約2,753ドルで、直近約38,627ドルと約14倍上昇

◆注目イベント (日本時間)

2月19日(月)
・米国:米国市場休場(プレジデント・デー)
2月20日(火)
・米国:決算発表(ホームデポ、ウォルマート)
2月22日(木)
・米国:FOMC議事要旨(1月開催分)、購買担当者景気指数(製造業および非製造業PMI)
・米国:決算発表(エヌビディア、モデルナ)
2月23日(金)
・日本:日本市場休場(天皇誕生日)

金融商品取引法に基づく表示事項

●本資料をお客様にご提供する金融商品取引業者名等
商号等:PayPay証券株式会社 https://www.paypay-sec.co.jp
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 2883号
加入協会:日本証券業協会
指定紛争解決機関:特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター

●リスク・手数料相当額等について
証券取引は、株価(価格)の変動等、為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化や、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために元本損失が生じることがあります。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、
「リスク・手数料相当額等(https://www.paypay-sec.co.jp/service/cost/cost.html)」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。

免責事項等
●本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とし、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断で行ってください。
●本資料は、信頼できると考えられる情報源に基づいて作成されたものですが、基にした情報や見解の正確性、完全性、適時性などを保証するものではありません。本資料に記載された内容は、資料作成日におけるものであり、予告なく変更する場合があります。
●本資料に基づき行った投資の結果、何らかの損害が発生した場合でも、理由の如何を問わず、PayPay証券株式会社は一切の責任を負いません。
●電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、無断で本資料の一部または全部の複製、転載、転送等は行わないでください。