記事詳細

サービス一覧
年初から3倍の銘柄も! 「AI」市場を賑わす7社 エヌビディア、アドバンスト・マイクロ・デバイセズ、マイクロソフトなど
年初から3倍の銘柄も! 「AI」市場を賑わす7社 エヌビ...

対話型AI(人工知能)である「ChatGPT」のブームなどで、「AI」は株式市場で最も注目されるテーマとなっています。

年初からすでに3倍超の水準にまで上昇している銘柄もあり今後はAI関連銘柄が「理想買い」から実績を伴なった「現実買い」の段階に移行していく可能性が高そうです。

今回は、AI市場を賑わす銘柄の中から7つご紹介します。

エヌビディア(NVDA)

 

米国の大手半導体メーカー。AIに使われる画像処理半導体(GPU)を手掛け、同分野向けでの世界シェアは約8割と推定されている。一部調査会社によると、AI向け半導体の市場規模は、2028年には2021年比で12倍の水準にまで急拡大すると予測されている。台湾TSMC社と提携し、生成AI向け専用半導体を年内に投入予定。株価は年初からすでに3倍超の水準まで上昇

 

アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)

米半導体大手の一角。中央演算処理装置(CPU)で約2割のシェアと推定されている。2023年6月に最新のデータセンター向けAI半導体「MI300」の詳細を発表、年内には生産を増強していく計画。AI向け半導体で圧倒的存在であるエヌビディアを追撃する存在に。

 

マイクロソフト(MSFT)

Windows」や「Office」で躍進した米大手AI企業。「Chat GPT」を開発したオープンAIと2019年に提携、2023年1月には今後数年間にわたり数十億ドルを追加投資する計画を表明。2月には「ChatGPT」の基盤技術を組み込んだ検索エンジン「Bing」の新バージョン発表。

 

アルファベット(GOOGL)

検索サイト「Google」を運営し、世界トップのアクセス数を誇る。2023年4月には人工知能(AI)研究部門「グーグル・ブレイン」と傘下AI企業「ディープマインド」の統合を発表、5月には検索エンジンに生成AIを組み込む計画を表明している。膨大な検索データが強みに。

 

アドバンテスト(6857)

国内半導体製造装置大手の一角で検査装置に強み。画像処理半導体(GPU)向けの試験装置ではほぼ独占に近い状況にあり、エヌビディアとも創業時から取引。エヌビディア製品の引き合い増によるメリットが大きいほか、AI半導体の独自開発企業増加などでも恩恵期待

 

Appier Group(4180)

マーケティング分野において、AIを活用したサービスを提供。2021年5月には、アジアのBotBonnie社を買収し、会話型マーケティングの分野に参入。2023年4月には、生成AIを法人向けマーケティングソリューションへ搭載完了。国内では数少ないピュアなAI関連企業

 

ソフトバンクグループ(9984)

ソフトバンクZホールディングスなどを傘下に置く持株会社。運営する「ビジョンファンド」の投資先は438件(2023年6月時点)で、AI関連企業も多い。英半導体設計会社の傘下企業アームHDが9月に米ナスダックへ新規公開予定。AI半導体基盤強化へエヌビディアなどが出資検討。

 

記事作成日:2023年9月12日

金融商品取引法に基づく表示事項

●本資料をお客様にご提供する金融商品取引業者名等
商号等:PayPay証券株式会社 https://www.paypay-sec.co.jp
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 2883号
加入協会:日本証券業協会
指定紛争解決機関:特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター

●リスク・手数料相当額等について
証券取引は、株価(価格)の変動等、為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化や、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために元本損失が生じることがあります。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、
「リスク・手数料相当額等(https://www.paypay-sec.co.jp/service/cost/cost.html)」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。

免責事項等
●本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とし、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断で行ってください。
●本資料は、信頼できると考えられる情報源に基づいて作成されたものですが、基にした情報や見解の正確性、完全性、適時性などを保証するものではありません。本資料に記載された内容は、資料作成日におけるものであり、予告なく変更する場合があります。
●本資料に基づき行った投資の結果、何らかの損害が発生した場合でも、理由の如何を問わず、PayPay証券株式会社は一切の責任を負いません。
●電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、無断で本資料の一部または全部の複製、転載、転送等は行わないでください。